RAINBOW

栃木出身の夫婦が世界一周の旅を通して感じたことや体験したことを日記や写真で紹介

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ついにスリランカも最終地点

南京虫被害、だいぶ良くなってきたけど宿が変わるたびにビクビク。

汚い宿、勘弁です。



ついにスリランカも終わろうとしてます。

今は最終地点のネゴンボという都市に滞在中。

なんせ空港まで近い町だから。


ちなみにコロンボでインドVISAを受け取った後、スリランカ南部のゴールという町に2泊ほどしとりました。
(Galleって書くんだけど、いまいち正しい読み方が分からんのです。)

ゴールの街並みは世界遺産に登録されていて、アジア最長の城壁に囲まれた町なんです。

ゴール・城壁


過去にオランダ植民地だった事もあり、ヨーロッパ風の建物が目を引き、今までのスリランカとは雰囲気が違う街並み。

ゴール・建築

ゴール・街並み




海沿いだからこんなスリランカらしい漁船も見られる。

ゴール・漁船

幅は大人1人分ぐらいで、ここに結構な人数乗り込み海へ出ていく。
作業出来んの?って思うぐらい大人数で。。。




漁といえば、
スリランカには伝統的な魚釣り師が有名。

市内バスで30分ぐらいのコガッラという町で見られるとの事なので、行ってきやした!

バスターミナルから1人25ルピー(約18円)。


コガッラで降りて道沿いに歩くと5つ星ホテルがあり、そこを過ぎると海辺でフィッシャーマンが釣りをしてます。

天気がいいと、ヤシの実が写真映えします。
ゴール・ヤシの実



到着早々、


釣り師「撮影するならチップを頂戴!」


ハイハイ。分かってます (;一_一)


ここにはチップを払うつもりで来てる僕ら。

なぜなら、この伝統漁がほぼ観光客用に行われていて、彼らも観光客からのチップが生活の足しになっているという事実があるから。。


こんな器用に釣りしてます。
ゴール・フィッシャーマン1

ゴール・フィッシャーマン2

たしかに、この方法は効率が悪い・・・

なんせ単純に竿で釣りをするのだから。

しかも、見た所あまり釣れていないねぇ

これで生活していくには大変だろう。


帰り際、チップの500ルピーを手渡す。

すると、、、


釣り師仲間「500ルピーじゃ足りないよ!」


釣り師仲間「たくさん仲間がいるから1000ルピーくれ!」



いや、、、そう言われてもねぇ。

500ルピーでも奮発した僕らにとって2倍を提示してくるとは

(-_-;)


申し訳ないが、それ以上払えん!って帰ってきました。




そんなゴール2泊後、最終地点のネゴンボへ移動。


鉄道で行くのが安くて一番いいんだけど、現在メンテナンス中でゴール~アルッガマという町まではバンで移動。
約1時間30分。

アルッガマ~コロンボまでローカル鉄道で2時間。
コロンボで乗換。
1時間待ち。
コロンボ~ネゴンボまでローカル鉄道で1時間30分。

スリランカ・列車
ローカル鉄道車内


ちなみに、バンは1時間30分の距離で600ルピー。
(2人分と荷物置きのスペース2席分。計4席分の料金請求でした。。。)

鉄道は、3時間30分の距離で200ルピー。


時間に余裕があるなら鉄道のほうが断然お得!




そんなこんなで今はネゴンボ。

ちょっと、町内散策。


スピーカーから楽しげな音楽が流れてくる♪

音楽のほうへ向かってみると、
ビーチでカイトフェスティバルってのが開催中。

たくさんのスリランカ製カイトが青空を舞ってました!

ネゴンボ・カイト2

ネゴンボ・カイト1




これはビーチでおっちゃんが売ってた木製トゥクトゥク
ネゴンボ・tuktuk








スリランカ滞在約2週間。

基本的にはみんな親切でいい人。

笑顔を送れば笑顔で返してくれる。

あんまり、顔の見分けがつかないのが困っちゃうけど。




でも、スリランカも実は津波被害国。

2004年のスマトラ沖大地震の影響でこの小さな島国は大きな津波の被害を受けている。

海沿いを移動する事が多く、気にして見ていると壊れた家屋が並んでいたりする。

それが当時のままなのかは分からないけど、気にしなければ何とも思わないだろう。

なぜなら、都市を離れると貧困層の家屋がたくさん並び、正直住んでいるのか、壊れているのか分からない様な家屋が海沿いにたくさんある。

そんな貧困層(約70%)が多いこの島国に、津波という自然災害が降りかかったのだから事は深刻だったと思う。

でも、何も知らずに歩いていれば津波の被害があったなんて分からないぐらい回復している印象を受ける。

滞在したゴールの町にある城壁も津波で一部やられてしまった様だけど、その爪痕はどこにも見当たらなかった。


3月11日に起きた東日本大震災。
地震と津波の恐ろしさと被害の甚大さを知っているだけに、スリランカ人の復興力・パワーを感じた。





スリランカ・おっちゃん
ゴールの城壁で涼むオッチャン達






スリランカ・・・

インドの大きさに隠れてしまって目にとめない小さな島国には色々な事がギュッと凝縮されていた。
海・山・動物・植物・遺跡・伝統。

出来れば、もう少しお金をだして、色々体験してみたい国だったかな。



さ~て、次は難関のインドだーーーーーーー!!!!!


written by カズ




30位台、引き続きキープ中!!
インドも色々巻き起こりそう!?乞うご期待!

↓のマークをポチってしてくれるとポイントゲット~!!
で、順位が伸びるのでみなさんの力を貸して下さい m(__)m


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
  1. 2011/09/18(日) 15:53:08|
  2. スリランカ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

このために戻ってきた・・・



最悪なことが起こりました・・・


そう、それはあの史上最悪とブログでお伝えした


南京虫の被害に遭ったのです。


被害箇所は夫婦そろって


100か所くらい(泣)


もうコロンボは最悪な思い出しか残ってない場所となりました。


そしてスリランカでバックパッカー旅行をしようとしている方々。
コロンボの「Shalinka Rest Inn」でウチらは被害に遭いました。
くれぐれもご注意くださいまし!



そんなポレポレな夫婦に


愛のクリックを!!!

↓のマークをポチってしてくれるとポイントゲット~!!
で、順位が伸びるのでみなさんの力を貸して下さい m(__)m


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村








快適だったキャンディ・ダンブッラの宿を後にして、再び戻ってきた


コロンボ


コレが無けりゃ戻ってくることはなかったのにぃ!!



そう、インドビザ申請





スリランカに来た理由あったね。



インド入国には必ずビザが必要!!!


マレーシアでもインドビザとれたんだけど、スリランカで取ると


めっちゃ安い!!!!



な、なんと



1,200円





これはどれくらい安いかっていうと、タイとかマレーシアで取ると約6,000円もするのだ!!



しかも、日本人には日本人料金が設定されていて



他の国の人よりお得☆(スリランカ人はもっと安いけど)




ただ、面倒なのはインドビザセンターに3回も行かなくちゃいけない~。




-それは先週の月曜日-



今日はインドビザセンターに申請書類を提出に行く。

ビザセンターはちょっと遠いからトゥクトゥクで。

ただ、いろんなブログによると安宿がある界隈とビザセンターの間にインド大使館があり、ビザセンターを知らないトゥクトゥクドライバーは大使館で降ろそうとするらしい。

だから、値段交渉の時にちょっと安めの値段を言われたらインド大使館と勘違いしてると思え!って書いてあったから、さっそくトゥクトゥクのおじちゃんに


「インドビザセンターまで。インド大使館じゃないよ!!!インドビザアプリケーションセンターだよ!!」


おじちゃん「OK!知ってる。大丈夫!」


「んじゃいくらで行ってくれる???」


おじちゃん「それは分からない。だってこのトゥクトゥク




メーター制だから」





!!!!!!!!!!
\(◎o◎)/



コロンボ・メータートゥクトゥク





ホントだ~!初めて見た~!




ってなことで、おじちゃんが本当に分かってるのかどうか確認が取れぬまましゅっぱーつ。




ドキドキしながら乗っていたが、おじちゃんはちゃんとビザセンターの前で止めてくれた☆



しかも、ブログに書いてあった値段よりかなり安く行けたし♪



ココがインドビザセンター




コロンボ・インドビザセンター





受付をして順番待ちの番号札もらって、用意できなかった写真を撮って、書き忘れた申請書書いて掲示板の呼出し番号を見たらすでにウチらの前の番号


「これだったら9時半くらいには終わっちゃうね~♪」



・・・・・・・






・・・・・・・






・・・・・・?






あれ?






まだ?





カウンターに申請者いないし、係員は暇そうだけど?




さや「あの~、ウチらの番号次なんだけど呼んでくれないの?」



係員「それがね



システムがダウンしちゃったんだよねぇ~」





なにぃ~!!!!
(@_@;)




係員「復旧したら呼ぶからそれまで待ってて。」



マジか。次なのに。





まぁ、すぐ復旧するっしょ♪




30分経過





1時間経過




だんだん人も多くなってきた・・・・




2時間経過




係員がカウンターから出てきてひとりひとりの申請書をチェックし始めた・・・



でもなんのアナウンスもないし、いつ復旧するのかも分からない。
日本だったら係員に詰め寄って説明を求める人もいるだろう。


だがここはスリランカ



誰一人として怒ってたり、係員に詰め寄ったりする人はいない。

みんな黙々とただ待つのみ。
(ーー゛)




そんなこんなで3時間経過・・・・・




「ピコーン♪」




みんなが一斉に掲示板に目を向ける






キター!!!!!




ついにウチらの番が3時間後に来た!!!!




申請書類出してお金払って、



「来週の月曜日、朝8時~9時の間に来い!」



-そして今日-



今日はパスポートを預けて、それを午後取りに行くので2回ビザセンターに行くことになる。



朝8時ちょうどにビザセンターに行ってパスポートを預ける。


係員「パスポート受領は6時ごろだけど、5時前にはここに来い!」


ってなことで、午前の部終了。



そしてここからが問題。






何もすることない。






宿に戻ったってすることないし、ましてや移動代がもったいない。





うーん、じゃあとりあえず




朝マックしよお♪




おそらくスリランカに1軒しかないマックがセンターの徒歩圏内に!!




コロンボ・朝マック





まずここで2時間半ジカン稼ぎ☆





つまらなくなってきたので、とりあえず外に出てみることに。




でもショッピングモールも見当たらないし、時間稼ぎできる場所が・・・・




あ!映画館!!!



ちょうどそこに映画館が!



えーっと、上映時間は・・・・




10:30




現在の時刻




10:50!!!!




オーマイゴッド




その後本屋に行ったり、食器屋さんに行ったりしてなんとか時間を稼いでやっとお昼。





お昼は





しょーがない





昼マック





コロンボ・ヒルマック





1日に2度もマックに来るとは。




そしてマック食べ終わっても



時間ぜんぜんあるし(@_@;)




それじゃあ、海辺に行ってみませう。




コロンボ・波



荒々しい波




コロンボ・海辺電車

海岸線ギリギリを電車が通る




今はモンスーンシーズンらしく、めっちゃ大荒れ。
しかも雨まで降ってきやがった。




もう行くとこないよーorz



それじゃあ最後の手段!!!



ビザセンター立てこもりじゃ!!!




午後3時、ビザセンターへ。



ウチら「中に入りたいんだけど」



警備員「あれ?今日は申請じゃなくて受け取りだよね?そしたら5時にくれば大丈夫だよ。」



ウチら「もうすることなくて困ってるの。だから中で待たせてくれぃ!」



警備員「う~ん・・・・。」




だれかと相談



警備員「OK!中に入って待ちな!」




アリガトウ(涙)



ってなことで、センターの中でポレポレ待つことに。



持ってきた本を読んだり、テレビのクリケット中継を見たりしてなんとかしのぐ。




午後5時ごろ受け取りに来た人たちが集まってきて、やっとやっとの午後6時30分。




ついにインドビザゲットだぜぃ!!!!!




しかも、スリランカで観光ビザは3か月のシングル(滞在期間3か月・入国は1回まで)しか取れないって聞いてたし、申請の時も係員に念を押されたけど




6か月のトリプル(滞在期間6か月有効・3回まで入国可能)で取れちった☆
(実は申請書には6か月のマルチプル希望で書いておいたのだ!)





ただ、




マジ疲れた(ーー;)




明日はそっこうコロンボ脱出して



海辺の町でポレポレだ~い☆


P.S

ウチらがカンボジアで大大大興奮したタッキー事件!!!
あの時のタッキーがなんと今月の「FRAU」に掲載されているという情報をいただきました☆
(よっし~さんありがとう♪)

ウチらが載せた写真(タッキーじゃなくてカズだけど)と合わせて読んでみては!



written by さや





  1. 2011/09/14(水) 23:14:14|
  2. スリランカ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

シギリヤロック!

今日はスリランカ4つ目の世界遺産、シギリヤロックへ。

このシギリヤロック、スリランカで一番有名な観光地。

なにせ、シギリヤレディーがいるのだから。


朝9時、ダンブッラのバスステーション。

天気は晴天!
シギリヤ・バス

ちなみにバスはインドのTATAモータースです。
スリランカでは、インドと日本の車がメインで走ってます。


ローカルバスで約50分。
料金は1人40ルピー(約30円)。


ガイドブックが無いから基本額を知らない僕ら。
ぼられるのはイヤなので、現地の人が支払っている金額を2人でジーっと凝視して40ルピーはベターだと確認。

バスに乗ってる間、ほとんどの時間は人の手を見てました・・・


降りる場所は地元の人か、運転手。あるいは助手が教えてくれます。
っつーか、完全に頼ってる
 (^_^;)



シギリヤロック付近で降車し、エントランスまで歩きます。

シギリヤ・道


フラミンゴみたいな木
シギリヤ・木




お目当てのロックは後回しにして、まずはミュージアムへ。

シギリヤ・ミュージアム

以前どこかで、ミュージアムに行ってからシギリアロックへ行く事を勧めていたので、とりあえず。


ここのミュージアムは日本政府が関わってるらしい。

シギリヤ・ミュージアム2

なんと2009年に前首相・福田さんが開会宣言をしたとの記事あり。

なんか、知らないところで色々とやってんだね~。


あっ!一つ思い出した!!


「あなたとは違うんです!」




シギリヤロックの歴史や過去の写真などをさら~っと観覧して、いざ目的地へ!


ドドン!!!

シギリヤロック1

シギリヤロック!!

高さ約370メートル!!!
火山マグマが固まった岩!!!!!
すごい迫力と存在感!
(写真じゃ伝わらなくてごめんなさい)


シギリヤロックまで続く直線上には、うろうろしてる地元民がいます。

フラッと寄ってきて、

「ここは用水路です。」

「上にはミラーウォールがあります。」

「私はガイドで1000ルピーでいいです。」


と、日本語でガイドを始めるので、


「要らない!」

「お金は払わないよ!」


と、丁重にお断り。


最終的に3人程、あしらってきました。



で、岩のてっぺんまで登れるのでアタック開始!


シギリヤロック2
こんな岩と岩の間を通り、


シギリヤロック3
岩場からはみだして作られた橋を渡り、


シギリヤロック4
こんな日本語の注意書きに気を取られながら、




やってきました!

超有名壁画

シギリヤレディー

シギリヤロック5

シギリヤロック12

人の動きがしなやかに表現されていて、なんとも美しい壁画。


この絵は岩の表面に描かれていて、観光用に足場が組んであります。
シギリヤロック6
隙間から地上が見える。こわい。。。



お次は、ライオンの足!の入口。

シギリヤロック7


けっこうデカいし、なんかカッチョイイーー!!




更に上へ。

シギリヤロック8

この辺りから、マジで登るのが怖い。。。
しかも、強風であおられるのよ。。。

あ~、こわっ


ようやく登頂!

シギリヤロック9
360度こんな景色が広がっている、まさにジャングル。


シギリヤロック10

シギリヤロック11

約1500年前、ここには王が鎮座する宮殿があったんだからスゴイよね。


この宮殿、
実父を殺して王位を奪った息子によって作られ、その息子も実弟との戦争に負け自殺したという悲しい歴史をもっている。



宮殿と絶景を満喫し、下山開始。

下山中に蜂の巣発見。

シギリヤロック13
以前まで、けっこう蜂の被害があったらしいので、十分注意が必要です。

あと、日差しも強いから帽子と水忘れずに。




いつも思うけど、テレビで見たことがある場所は実際に訪れると感動が果てしない。
しかもガイドブック無しだと、写真もあまり目にしないから、尚感動がでかかった。





-今日出会った動物の紹介-

リス
シギリヤ・動物1


顔が黒いモンキー
シギリヤ・動物2


リザード1
シギリヤ・動物5


リザード2
シギリヤ・動物3

5分後、カラーチェンジ!
シギリヤ・動物4


国立公園内に野生のエレファント発見!!!
遠すぎて写真撮れず
 (T_T)


とにかくスリランカは動物がたくさん!
しかも、あまり逃げない奴ばっかり。


動物図鑑が欲しいわ~!!!!




written by カズ





スリランカはネット環境が悪い。。。
公開予約で可能な限り更新してんで、見に来て!

↓のマークをポチってしてくれるとポイントゲット~!!
で、順位が伸びるのでみなさんの力を貸して下さい m(__)m


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
  1. 2011/09/13(火) 15:00:00|
  2. スリランカ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

ダンブッラの下宿と観光日記


※お知らせ1 
私たちのホームページの「PHOTO」にマレーシアの写真をアップしました!!
ぜひご覧ください★

↓ここをクリック!
RAINBOW-夫婦ポレポレ世界一周の旅-





素晴らしいゲストハウスに後ろ髪をひかれながらキャンディーの町を後にし、次の町・ダンブッラに到着。

スリランカはこの時が一番の難題。

宿のあてがない・・・


ネットで事前に調べてはいるものの、やっぱり現地に着くと土地勘が無いので困ってしまう。

今回はトゥクトゥクドライバーにオススメを聞いて連れていってもらう事に。

いざ、出発!!
っと思ったら、なにやらドライバーの友達が2人寄ってきて、


2人
「新しいゲストハウスがある!オープンしたばかりで、あなた達がファーストカスタマーだよ!」



ウチラ 「なんかウソ臭いな」


ウチラ 「ハウマッチ??」



2人 「値段はあなた達の言い値でいいよ!!」


2人 「だって、ファーストカスタマーだから!!」


とりあえず、払える上限だけは伝えて、それでもOKと言うので、見に行くことに。


外観は・・・

すげ~きれい。

ダンブッラ・宿1



室内はどうだ?

狭いけど清潔!

ダンブッラ・宿2


しかも、トイレ・シャワー付きで文句なし!


しかし、問題は値段だ・・・

いくら値段を聞いても、言い値でいいよと言うし、本当に僕らが初めての客らしい。

なんでも、これからゲストハウスをOPENしようと準備をしていて、まだ客室も1部屋のみ。
これから別棟を建てるらしく、敷地にはそれらしき現場もある。


話を聞いてると、単純にイイ人みたいなので宿泊を決定!


すると大慌てで部屋の最終準備!

電球持ってきて、新品のシーツ持ってきて、新品のタオルに新品の枕ケース。

全てが新品で、なんか得した気分。

蚊帳がまだ装着できていなくて、天井にフックつけるのを手伝ってと。

ダンブッラ・宿3

こんな体験まで出来るとは、この旅の醍醐味です。



ここのゲストハウスの主人はクマラさん。
トゥクトゥクも運転します!

クマラ 「夕飯はウチで食べるかい?お金は気にしないで!初めてのお客だからパーティーだ!」


おぉぉぉーーーーーー \(◎o◎)/


なんていい人!!!


間髪いれず、

クマラ 「ダンブッラ・テンプルに観光に行くんでしょ?乗せてってあげる!お金は大丈夫だから!」

紳士ーーーーーーーー (ToT)


本当におもてなしをしてくれそうです!

優しさが心に沁みます。





さて、連れて行ってもらったダンブッラ・テンプル。

ダンブッラ・ロックテンプル1
カエルっがいっぱい

ダンブッラ・ロックテンプル11
金色のストゥーパ(仏塔)


ダンブッラ・ロックテンプル2
なんか、今までにないインパクトある雰囲気
写真はミュージアム。行かなかったけど。


ここの敷地内は、ROCK TEMPLE(ロックテンプル)という世界遺産があります。

5つの洞窟内に所狭しと仏陀像が並べてあり、壁面には色鮮やかな色彩が施してあるというお寺。


さぁ、いってみましょう!

小高い丘の上にあるので、階段を登っていき、


ダンブッラ・ロックテンプル3
普通にサルがお出迎え


ダンブッラ・ロックテンプル4
岩肌が露出してて、野ヤギもいる


ダンブッラ・ロックテンプル5
左側にサル、右側にヤギ、景色はジャングル


登る事15分

ダンブッラ・ロックテンプル6
頂上に到着



岩に洞窟があり中に入ってみると、薄暗い中にたくさんの仏陀像が鎮座してあり、


ダンブッラ・ロックテンプル7

ダンブッラ・ロックテンプル8

ちょっと不気味な感じもするけど、
洞窟の高さに合わせて仏陀像が置かれ、壁面はとても色鮮やか。

ダンブッラ・ロックテンプル9


仏教といっても、国によって地域によって色々な表現があるから興味深い。




ダンブッラ・ロックテンプル10






この日の夜はパーティーとはいかなかったけど、夕飯を御馳走になりました!
もちろん、お金は払いましたよ。。。

ダンブッラ・夕飯1

ダンブッラ・夕飯2


クマラ家族とパシャリ
ダンブッラ・クマラ家族


後日、お別れの日にさやが涙・涙でウルルン滞在記みたいだった(^.^)



written by カズ



20位台に上がるのは難しい(>_<)
ここは忍耐が必要!なるべく更新していくんで、よろしくー!

↓のマークをポチってしてくれるとポイントゲット~!!
で、順位が伸びるのでみなさんの力を貸して下さい m(__)m


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
  1. 2011/09/12(月) 15:00:00|
  2. スリランカ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ガイドブックが無いとこうなる。

※お知らせ1 
私たちのホームページの「PHOTO」にシンガポール写真をアップしました!!
ぜひご覧ください★

※お知らせ2
シンガポールの写真でホームページに載せられない写真たちを
「フォト蔵」にアップしてます。 
私たちのホームページの「PHOTO」にリンクが貼ってありますので
ぜひご覧ください★

↓ここをクリック!
RAINBOW-夫婦ポレポレ世界一周の旅-




キャンディー3日目。

本当はこの日に次の町へ移動する予定だった。だけど昨日-


ガイドブックの無いウチらがもってる唯一のものは


スリランカの地図(全体図)


と、有名な町のだいたいの道路マップ



しかもネットはつながらないから



全く情報ナシ(@_@;)


ってなわけで、たいていどの国にもある



ツーリストインフォメーション(iマークが目印)



そこに行けば旅行客の為の情報を提供してくれる。



んじゃそこへ行こう!と思って町の人に聞いても全く知らない。。。


あるおっちゃんが「そのマーク知ってるよ!」って連れて行ってくれたのが


普通の旅行会社



いやぁ、そうじゃないんだよ。と思いながらもそこにいたおじさんにいろいろ質問してみた。


そしたらウチらがお金を節約しながら旅をしてることに同情したのか感動したのか、
めちゃくちゃな破格(って言ってたけど)でヒルカントリーという場所のツアーを紹介してくれた☆

しかも、スリランカでツアーっていうと個人でドライバー兼ガイドをハイヤーして見どころを周るという



ラグジュアリースタイル☆



そして今日、朝8時にスイスホテルのロビー集合でドライバーが迎えに来てくれたんだけど
ドライバーのおじちゃんは残念ながら英語はしゃべれないみたい。。。そのかわり




めっちゃ日本語ペラペ~ラ♪



昔スリランカに修行に来る日本人のお坊さんのお手伝いをしてたんだって☆



ってなわけで、カズも安心のツアーへしゅっぱーつ!



まずは、キャンディーからほど近いボタニカルガーデンへ。



ここには日本じゃみたことない植物がいっぱいなのです!


キャンディ・植物園1


めっちゃでかいヤシの木。しかも真上にはえてるし!!


朝のガーデンは涼しいし、めっちゃ気持ちいい☆


そんないい気分でお散歩してると、おじさんが近づいてきてこんなの見せてくれた



キャンディ・植物園2




ギャ~!!!


生サソリ(生きてるってこと)




初めてみたよ~。写真パシャリ。なんてやってたら、



「ハローハロー、マネーマネー」



って、金出せってことか!


スリランカじゃこんな感じでいい寄ってくる人がたくさんいる。


ここは無視してさぁ次へ。




そしたらカズが


「あの木さぁ、なんか腐った実みたいのがたくさんぶら下がってるね」



あ、ほんとだ。いっぱいぶらさがって・・・・



ん?





え?





あ!!!!!!!!!





コウモリやんけ~!!
\(◎o◎)/



キャンディ・植物園3




日本で見るコウモリの4倍はあるね。


しかも至る所にぶら下がってるし。



そしてパシャパシャ写真撮ってたらオッチャンが来てコウモリを威嚇し始めた



おぉ!コウモリが逃げてく!!



パシャリ
キャンディ・植物園4






そしたら、案の定おっちゃんが



「ヘイ!マネーマネー」




ウッサイ。そんなんであげるか、ボケェ!



そんなこともありつつ、ここにはめずらしい木がたくさん!!



キャンディ・植物園5

枝があっちゃこっちゃいきすぎ?



キャンディ・植物園6
どんだけくねってる?




キャンディ・植物園7

モリゾー?




とにかくいろんな植物たちがいて、キレイだったっていうよりも


おもしろかった♪




お次は今回のメイン、ヒルカントリーへ!


車を走らせること1時間半。山をくねくね登っていくとだんだんと景色が変わってきた。



お茶畑!!!


ヒルカントリー・茶畑




そう!ヒルカントリーはお茶畑が有名!

ここは一年中茶葉が採れるから一年中緑の丘みたいらしい☆


お茶摘みしてる女性も発見!!!

ヒルカントリー・茶摘み




そして、お茶工場へGO!


ヒルカントリー・工場1





ヒルカントリー・工場2





ここでは3種類のお茶(ブラックティ(いわゆる紅茶)、グリーンティ(緑茶)、シルバーチップ)を作ってるんだとか。

ブラックとグリーンは同じ茶葉で同じ工程で作られるんだって。
唯一違うのは、ブラックティは茶葉を乾燥させるときに酸化させるんだって。

グリーンティは酸化させずに乾燥させるからより体にイイらしい。

そして、シルバーチップは茶葉も工程も他の二つとは全く違い、全てが手作業!!!
だから、1?のお値段、な、なんと!!!


約1万5千円!!!!



そのかわり、体にはめっちゃいいらしい☆



ヒルカントリー・茶葉
手前から二番目がシルバーチップ
一番手前は「ダスト」といって一番安いが一番濃いんだって。
スリランカ人はほとんどがダストを飲んでるらしい。

他は海外に輸出されちゃうんだってさー。


そしてここで作られるお茶はコロンボのお茶専用オークション会場にもっていかれてオークションにかけられるらしい。
そのオークションでいろんなお茶会社(リプトンとか)が買って、自社名で商品化するんだそうだ。


つまり、


リプトンティー=セイロンティー


っていう可能性もある!


まぁ、セイロンティっていうのはスリランカ産の茶葉ってことでお茶の種類ではないみたい。。。


なかにはティーバッグの中に普通の茶葉とダストを混ぜてる会社もあるんだとさ。



ってなことで、ここの工場で作られたお茶をいただきました☆


ヒルカントリー・ピコー


「ピコー」っていう種類の紅茶。
香りがとてもよくておいしかった☆


紅茶は新鮮なほど体にもいいし、香りも良いんだって。
だから製造年月日はチェックしたほうがいいとか。


へぇ~ ナルホロ(゜o゜)


ココの工場産の紅茶をお買いもの~。
ヒルカントリー・紅茶




さてさて次は、またまた山道をくねくね行くこと数時間。
だんだん標高も上がってきて半袖じゃ寒く感じるようになってきたころ、



来ました



ヌワラエリア




ウチらはなんでここに来たのか全く分からないまま町をウロウロ



すると、


ヒルカントリー・ヌワラエリア1




ヒルカントリー・ヌワラエリア2




なんか、イギリスっぽい~。(さやの感想)

オレ、イギリス行ったことないから知らないしっ!(ーー゛)(カズの感想)



のちのち聞いてみると、ここは


リトル イングランド


といわれているらしい。



やっぱりね~♪



景色も建物もイギリスな感じ。



ヒルカントリー・ヌワラエリア3




ヒルカントリー・ヌワラエリア4




しかも、芝生はスリランカでここしか生えてないんだって!!!




いろいろ知らないことだらけですなぁ (・・;)



標高はだいだい2500mくらい。



キャンディが海抜500mだから、


かなり上ったね。




日本語が喋れるおじちゃんのおかげでとっても楽しいツアーになりました。



もちろん帰り道は二人とも



爆睡zzz




っていうか、このツアーを紹介してくれた旅行会社、実はすごいところにあった!

イギリスの女王がキャンディに来たら泊まるという


クイーンズホテル(もちろん建物は世界遺産!)の中!!!!


だってウチら正面玄関じゃないところから入ったから全く知らなんだ (@_@;)



-今日の一枚-


ヒルカントリー・カレンダー



インターネットカフェで見つけたカレンダー


あれ?と思ったら

縦書き!!!!



written by さや





現在35位前後を行ったり来たり~。

インターネット環境悪くなってもポレポレ更新しますぞい!

↓のマークをポチってしてくれるとポイントゲット~!!
で、順位が伸びるのでみなさんの力を貸して下さい m(__)m


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
  1. 2011/09/10(土) 15:00:00|
  2. スリランカ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。