RAINBOW

栃木出身の夫婦が世界一周の旅を通して感じたことや体験したことを日記や写真で紹介

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

世界屈指の絶景、ヌシ・イランジャへ!!

年末から年始にかけて極度の下痢に見舞われ、
もう限界だと思いインドで通院していた時に
Dr.ビーンにもらった薬のストックを飲んだら

なんと2日で治りました!!

また細菌性の下痢だったのかなぁ?



っていうか、もう一生行きたくない!って思ってたインドに



また行きたいかも
(;一_一)



あ!でもそれはゴハンだけ食べれれば十分!!

インドのごはん、おいしかったしなぁ~。


やばっ!これが噂のインドマジック?!


って独り言を言っている、さやです。



マダガスカルの観光ももうここを残すのみ!



そう




ヌシ・イランジャ☆




もうここは「○○すぎる」シリーズに入ってしまうくらい「美しすぎる海」が見られるらしい。



それじゃ絶対見ておかないとね!




ただ・・・・



ワタシ







熱があるんですけど(@_@;)



朝計ったら37度。




でもまぁ、海に入って熱を冷ませばいいか♪



ってなわけで前回の島ツアー同様、スピードボートに乗って他のフランス人とイタリア人に囲まれてしゅっぱーつ!



ただ今回は波が荒くて




ボートが跳ねる跳ねる!!!!


着水のたびにお腹にボディーブローとおケツを強打!



しかもこの状態で1時間30分!



乗客全員到着するころにはかなり疲れ果ててた(*_*;




でもね、なんとラッキーなことに




ウミガメが泳いでるところ見れたよ~!!!!
(しかもワタシだけ☆)





そしてついにヌシ・イランジャ到着!!!



その浜辺が






コレ☆↓





イランジャ1







真っ白!!!


わかりずらいけどみんな水に浸かってるんだよ!


もちろんこっち側もキレイだったんだけど、





砂浜をのぼって・・・






イランジャ2






反対側をみたら・・・・










超絶景発見!!!!!!!!!!!












ジャーン♪












イランジャ8








ウヒョ~☆★☆








イランジャ6









こんなきれいな海、見たことない!






ウチらテンション上がりまくり↑↑






とりあえずパラソルを借りて海を眺める。




イランジャ5






美しすぎる。





到着した時かなりの干潮だったから、
おそらく数百m先まで歩いて行けたと思う。



このヌシ・イランジャは2つの島で、干潮の時はこの二つの島を砂洲が結んでいるから歩いて渡れるんだよ。


イランジャ7
向こうが小さい方の島




イランジャ12
この写真は潮が満ちてきた時に撮影。
波がぶつかってるのが分かるかな?



この島にはこの界隈で一番の高級ホテルが建っております!

なんて贅沢なんでしょう。


ま、ウチらには縁のない話だし(ーー゛)



それよりも、ランチタイム☆



今回の目玉は・・・




イランジャ13
さかなの丸焼き
(トマトソース煮?)



とにかくオイシイ!



もちろんこの他にもポテトサラダとか牛肉の串焼きとかフルーツとか盛りだくさん!!!




でも今回は腹八分目で抑えました(笑)



午後も海に入ったり、パラソルの下で昼寝したり。。。




イランジャ10
あ、もちろん水着着てるから全身入ったよ~。



イランジャ11






イランジャ9
実はかなり体調が。。。



シュノーケルセットも持ってきてたんだけど、珊瑚も魚も全くいなかった。

っていうか無くても問題ないくらい水が透明だったよ☆




かなり満足したところで、お帰りの時間。



そしてまた、あのボディーブロー




だって、普段乗り慣れてるはずのスタッフですらかなりしんどそうだったよ。
(・・;)



だけど、帰りもワタシだけウミガメ見ました!
イェ~イ♪



ただ、ホテル戻って熱計ったら




熱上がってたけどね。(次の日には下がりました!)


●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
プチ旅情報(1アリアリ≒0.04円)

【ヌシ・イランジャツアー】

・料金:67,500アリアリ/人(正規料金は100,000Arだけど下がります)

・ツアー会社:ROYAL EXCUSION(歩いてたらたまたま声を掛けられました)

・ツアー代金に含まれるもの:
 ボート代、ランチ、水(1.5リットル)、シュノーケル用マスク

・ビールやドリンクは別料金で購入可能。

・ツアー会社により値段や代金に含まれるものが異なる可能性があるので要確認!

・日差しがかなり強いので、サングラスと出来れば風に飛ばされない帽子があると尚良い


【ヌシ・ベ宿泊(エル・ヴィル地区)】

宿名 :HOTEL DIAMANT 10(ホテル ディアマン ディス)

部屋/価格 :ツイン/60,000アリアリ

設備 :部屋にエアコンと冷蔵庫付き。WIFI無料。ホットシャワー24H。


【オーガニックコスメ“HOMEOPHARMA”】

マダガスカル全土に130店舗もあるコスメブランド。
しかーし!ななんと店舗によって値段が違います。
ヌシ・べで値段を聞いたら商品によってはアンタナナリボの2倍!!!
なので、おそらくタナで購入するのが一番お得でしょう。
あー、もっと買っときゃ良かったぁ~(>_<)

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○


written by さや



現在、人生で一番日焼けをしております。

この状態で日本帰ったら何人に間違えられるんだろう?

っていうかこの歳で日焼けってヤバいよね。。。
でもちゃんと日焼け止め塗ってるんだよー!


そんなポレポレ旅に1日1クリックをよろしくお願いいたします♪

↓のマークをポチってしてくれるとポイントゲット~!!
で、順位が伸びるのでみなさんの力を貸して下さい m(__)m


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

テーマ:世界一周 - ジャンル:旅行

  1. 2012/01/11(水) 14:00:00|
  2. マダガスカル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

島から島へ!

※お知らせ
 
私たちのホームページの「PHOTO」にマダガスカルの写真をアップしました!!
ぜひご覧ください★

↓ここをクリック!
RAINBOW-夫婦ポレポレ世界一周の旅-




ついにマダガスカル最終地点のヌシ・べに到着!

ここはマダガスカルの中でも一番のリゾート地で、特にフランス人とイタリア人が多い。
何故この二つの国の人が多いかというと、このヌシ・べの空港からイタリアへの直行便が飛んでるのと、
マダガスカルの近隣の島々は(セーシェル諸島とかレ・ユニオンとか)フランス領なので、
そこからくるフランス人が多いんだって!!

だから、ここで働くマダガスカル人はマダガスカル語の他に、フランス語とイタリア語も堪能!
そして英語はその次らしい。。。

世界中とりあえず英語が話せればどこにいってもなんとか通じるイメージだったんだけどなぁ~(・・;)


フランス語に苦戦しながらもやっと最終地点に到着したウチらはここでゆっくりのんびり過ごすことに。


そしてここでは特に近くの島へ観光に行くのがオススメ☆


ってなわけで、ウチらもフランス人グループに紛れて観光に行って来ました!
まずは、ヌシ・コンバとヌシ・タニケリーという2つの島に行くツアー。

ちなみに「ヌシ」とはマダガスカル語で「島」という意味なんだと。

島から島への移動はモチロン・・・・


ボート。




コンバ・タニケリー19
砂浜からボートに乗り込むのよ~。


波酔いの激しいワタシはとってもとっても不安(-_-;)



だったけど、スピードボートだったので全く酔わずに大丈夫でした!
ふぅ~。


そしてまずヌシ・コンバに上陸!


コンバ・タニケリー11
家が立ち並ぶところを歩きます。


ここでは主に、動物園?らしき場所を観光。


まずは・・・手乗りキツネザル。



コンバ・タニケリー2
おいおい、どこに手を乗っけてるんだよ!


この子はメスで、乗った感じだいたい3㎏かなぁ。
手とかは肉球みたいな感触でプニプニしてた☆



コンバ・タニケリー3
こっちがオス。



続いてはヘビ!



コンバ・タニケリー4
ツアーで一緒だったフランス人の男の子。
かなり怖がってたよ~。

ちなみにこのヘビは牙を抜かれてるんだって。
それもどうかと思うけど。。。



こっちはマダガスカルホシガメ!



コンバ・タニケリー5
寿命は約100年!



そしておなじみカメレオン

コンバ・タニケリー6




この方はセーシェルにしかいない固有種のカメ。


コンバ・タニケリー7
現在30歳。(ウチらとタメのカメ)
ちなみに寿命は250年だってよ!


動物園からの帰り道はお土産屋さんロード!
この島の利益はほぼ観光からなんだって。

コンバ・タニケリー9


コンバ・タニケリー10


コンバ・タニケリー1




コンバ・タニケリー8
やっぱりバオバブ。



そして浜辺には帆船が。

コンバ・タニケリー12
なんか味があってイイね☆



そして続いての島はヌシ・タニケリー。

ここの目玉は・・・・



シュノーケリング!!!



だって、海がめっちゃキレイ!


コンバ・タニケリー16



コンバ・タニケリー15



コンバ・タニケリー14



けっこう大きい魚も浅瀬で泳いでたり、ウニがわんさか転がってたり!
透明度が高いからかなり深いところもはっきり綺麗に見えたよ♪


そしてお待ちかねのランチ!


コンバ・タニケリー17
ワタシの大好物、ポテトサラダ♪

コンバ・タニケリー18
カニのトマト煮込み。こちらも美味!


この他にも牛肉の串焼きとかライスとかデザートにバナナとパパイヤなど、かなり豪華だった!
しかも調理してくれる女の人が一緒にヌシ・べから来てくれてたし!

ツアーに参加するといつも食べられない料理が出るからウレシイよね☆
しかも食べたいだけ食べれるし♪


だからワタシは食べ過ぎて午後はほとんど海に潜れなかった。。。


アホ~(ーー゛)


今回のツアーはかなり大満足のツアーでした!!



だけど、この付近にはさらに「絶景!!」と言われる島が存在するのです!!!!



そのお話は次回☆


●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
プチ旅情報(1アリアリ≒0.04円)

【ヌシ・コンバ&ヌシ・タニケリーツアー】

・料金:65000アリアリ/人(正規料金は80000Arだけど下がります)

・ツアー会社:ROYAL EXCUSION(歩いてたらたまたま声を掛けられました)

・ツアー代金に含まれるもの:
 ボート代、ランチ、水(1.5リットル)、ヌシ・コンバ動物園入場料、ヌシ・タニケリー入島料、シュノーケル用マスク

・ビールやドリンクは別料金で購入可能。

・ツアー会社により値段や代金に含まれるものが異なる可能性があるので要確認!

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○


written by さや


マダガスカル、ネット事情悪くて大変だよ~。

でもみんながクリックしてくれればウチらのやる気も上がります!

どうか1日1クリックお願いします!!

↓のマークをポチってしてくれるとポイントゲット~!!
で、順位が伸びるのでみなさんの力を貸して下さい m(__)m


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

テーマ:世界一周 - ジャンル:旅行

  1. 2012/01/10(火) 14:00:00|
  2. マダガスカル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

嗚呼・・・タクシーブルース~最終章~

アンカラナ特別保護区からマダガスカル最後の都市、


いや、島へ!


いやいや、リゾート地・ヌシ・ベ(島)へ!!!




アノ、




恐怖の、







タクシーブルースで。。。





早朝5:30、保護区内の併設レストランで朝食を摂り、タクシーブルースを待つ。


予定では6:00


何台か、タクシーブルースが通り過ぎる。

見ている限り、乗客は少な目でルーフに載せている荷物も少な目。

「今回は大丈夫かな。」


「まさか、俺らの乗るやつだけ、フル乗車だったりしてね。」






更に待つこと45分。


タクシーブルース到着。







Σ(゜Д゜|||)

フル乗車!!!





いやいや、定員オーバー!!!!!




座席数は前から、


3席(運転席含む)・3席・3席・3席の


12席。

ハイエースのようなバンね。


そこに、

乗車人数・・・



1,2,3・・・・・13、14、・・・・







・・・19、20、21







なんと自分達含めて21人(内子供3人)
(;゜O゜)








むちゃくちゃ狭い(ーー;)






乗る前に話した内容
「まさか、俺らの乗るやつだけ、フル乗車だったりしてね。」

↑これ、完全にネタのフリみたくなったね・・・




とりあえず、出発。


窮屈な状態で走る事30分。


ちょうど俺らが座っている席の列から2人降りた!

ラッキー!

これで、座席数と同じ3人だけ座ってと。

あー、広々(^_^)




っと、束の間。

次のストップで、なにやらまた乗車してくる気配・・・


さっき2人降りたから、また2人かぁ。

キツイなぁ






???


ちょっと待てよ、

外には荷物を持って、ルーフに載せるのを待っている人がたくさん。




日本人の常識として

「見送りがたくさん来てるんだな。」って考える。


荷物積載完了。



さーて、誰が乗り込むんだ?


そこのデッカイ男とかやめてくれよ。




1人乗り込み、2人目・・・







(;゜O゜)3人目?









・・・4人目







・・・5人目














6人目!!!!!








(;′Д`)
ありえなーい


25人乗車。

定員の2倍以上。


嗚呼タクシーブルース最終



さっき21人で十分乗せてたと思うけど!!!!!

足りないのかね!!!!!!

お金がそんなに欲しいのかい!!!!!

(T_T)









はぁ~





タクシーブルース、大キライ








運転席の隣は2人だけ。それ以上は乗せない。

後ろの空間に22人。



どんだけ~!




しかも、何度となく検問みたいな箇所があって、

”POLICE”

って書かれた帽子かぶってる人が車内を覗くんだけど、

「行って良し!」

みたいな(・・;)



どのへんが行ってよろしいのかしら??










ルール無用の国はそれなりに通過してきた。

どの国も定員オーバーは当たり前だった。


だけど、

こんなに乗せて走った国は無いね・・・



日本じゃまずありえないけど、この国では常識。

乗客も文句一つ言わず、ガンガン詰める。

逆に考えれば、乗りたければ乗れる。

今回乗れなかったら、次に乗れるのは何時間も後。

そう考えると、ここで乗らないといけない。

運転手も、必死に乗せようとする。

他の乗客も、どうにか乗れるように体をひねって工夫する。

結果、最強に窮屈。

でも、みんなじっと我慢。


スゴイよね。

感心するよ。ホントに。




俺からすれば、

規則違反じゃね?

これで事故ったらどうすんの?

ブレーキの効き悪いよね?

だから、事故率が上がるんだよ。



しか考えられない。


でも、この乗り方が
マダガスカル式

これが、
タクシーブルースの利用方法




定員っていう規則のある日本で育った俺には相当辛い2時間だったけど、忘れられない思い出にはなった。

しかも、
その窮屈な中で夫婦2人とも寝てたし(^_^;)


でも、事故の事を考えるとやっぱりオススメ出来る移動方法じゃないよね。

道もボコボコだし、運転も雑だし。

正直、無事に着いてホッとしてます。。。







嗚呼・・・タクシーブルース

マダガスカルを旅したうえでの、一番の苦労と思い出をありがとう






written by カズ

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
プチ旅情報

【アンキフィ(本島側)~ヌシ・ベ の行き方(1アリアリ≒0.04円)】

・アンキフィの港にはたくさんのボート客引きがいる

・適当なスピードボート乗船(10,000Ar/人+5,000Ar/荷物)
※荷物代2,000Arと聞いていたが、最初は1個10,000Arと言われる。高いので5,000Arしか払わなかったらOKになった。

・約45分でヌシ・べ到着。

・ここでもタクシーが客引きしていたが、ボート運転手の友達なる人のタクシーをチョイス。

・エル・ヴィル(港)~アンバトゥルアカ(20,000Ar)


【ヌシ・ベ宿泊】

宿名 :HOTEL L'Ylang Ylang(ホテル・イラン・イラン)

部屋/価格 :ダブル/40,000Ar(ディスカウント価格)

アクセス :アンバトゥルアカまでタクシーで15分。目の前は浜辺。

設備 :トイレ・シャワー・ファン・蚊帳付。ホットシャワー。WIFI無し。


●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

ここぞとばかりに予約投稿です!!

マダガスカル滞在も残り僅か。
とりあえず、WIFI飛んでる宿なんで、ネット関係整理しないとー!

世界一周ブログランキング参加中☆
↓のマークをポチってしてくれるとポイントゲット~!!
で、順位が伸びるのでみなさんの力を貸して下さい m(__)m


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

テーマ:世界一周 - ジャンル:旅行

  1. 2012/01/09(月) 14:14:14|
  2. マダガスカル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

2012年早々、尖っていくぜぃ!

皆様、お久しぶりです!

現在マダガスカルのヌシ・ベ(島)に滞在中。

海沿いのツーリスト地域に宿をとったわけですが、周辺のネット環境が調子悪い様で、一切ネットをつなげる事ができませんでした。。。

今日、同じ島の中心部の町に移動してきたので、久々のネットです!

日記も遅れてしまってますが、ちゃんとアップしていきますね。

約1週間の未更新で心配された方がいたら、いるかな(?)僕ら元気にやってますんで~(^-^)

さやが昨日、調子崩したのが心配事ですが・・・今は大丈夫です。


ということで、久々の日記更新です!

どうぞ~☆






ディエゴスアレスに来た理由。

それは、

レッドツィンギーとアンカラナ特別保護区に行くため!




ちなみに今回も移動手段の手配が必要。

って事で4WDと運転手、それにアンカラナ特別保護区に入るのに必要なガイドを手配。


たったこれだけの事なんだけど、実際はかなり苦労してんのよ(*_*;

ディエゴスアレスの町中にあるツアー会社を数社まわって、値段と相場と内容を確認して、一番安く、且つちゃんとした会社を見つける。

これが、ホントに大変(ー_ー)!!


マダガスカルの自然公園やら保護区に行くには、たいてい車とドライバーをチャーターしなきゃならない。

なんせ、道がボッコボコでメッタメタでベッチョベチョなとこが多いから!!!


前回の”キリンディー”は安さに負けてタクシーをチャーターしてしまったために散々なトラブルがあったので、今回は即決で4WDをチョイス!

っていうか、今回の行く場所はタクシーじゃ行けません。と・・・




で、当日の朝。

約束の7時。




・・・・・








来ない(ーー゛)








あ~ぁ、でた!

このパターンね。






約束の時間に対して、めちゃ早いか、来ないか。




タクシーブルースの件もあって、とっても不安・・・





7時20分。









まだ来ない。





念のため、さやが、ツアーを手配したオフィスへ。






10分後。





四駆の後部座席に座って、さや現る!!!!



結局、オフィスに居たらしい。

俺、日本人だし純粋なA型だから、

こういうの結構キライ(ー_ー)!!


日本以外の国だと、コレしょっちゅうね。

約束の時間前にでも登場したら、逆にびっくりするし、拍手喝采!


毎回、騙されたんじゃないかとか不安になりつつも、大抵は大丈夫なんだよね。


つい、この前はやられたけど・・・







予定より30分遅れていざ出発!


まずは、

レッドツィンギーへ。

舗装された主要道路を快調にとばし、途中目的地へ行くための脇道に入る。


ここからが、四駆の力の見せどころ!!!


何度も車が走ったから道が出来ました。みたいな道を約16kmも走り続ける!

アンカラナツアー・2

前日に雨が降ったせいかボッコボコに加え、べっちょべちょ。

こりゃ~、タクシーじゃ無理!!!!!
四駆しか選べないわけだ。

アンカラナツアー・1


運転手も慣れたもんだね!

顔色一つ変えず、乱れる車を操り簡単に目的地に到着。


駐車場から歩いてレッドツィンギーへ。

アンカラナツアー・8


アンカラナツアー・3


約15分。

見えた!


マダガスカルでも、ここでしか見られない、

レッドツィンギー!!

アンカラナツアー・6


アンカラナツアー・5


アンカラナツアー・4



長い年月をかけて雨風、太陽熱によて浸食された赤土の岩。

ツィンギーとは、

”先が尖った”という意味らしい。

なので、ここはそのまんま。

赤くて先が尖ってるから、レッドツィンギーなんだね~(゜o゜)


ガイドに、どのぐらいかけて形成されたの?と聞くも、

答えは、



「many many years !」








(;゜O゜)
当たり前!!!!


なんとも適当な答えだこと・・・

ビックリするわ!ほんとに!











次は
アンカラナ特別保護区へ。

主要道路に戻り、更に1時間半ほど走って到着。


ここに来た目的。


それもやっぱり、ツィンギー。

今年は尖っていきますぜ~




本来なら、レッドツィンギーとアンカラナは1日づつ、1泊2日のツアーで行くのが普通らしく、僕らはそれを1日で回るので急ぎ足!

到着してスグに、特別保護区内へIN!



歩いてスグに川を渡る。

アンカラナツアー・9

ちなみにこの川、雨が降る増水して渡れなくなるらしい。


ガイド曰く、

「今日も雨が降るから、急いで歩くよ。」との事。

さっさと歩き、奥へ。


アンカラナ特別保護区は、まさにジャングル!

アンカラナツアー・12

キリンディー森林保護区は葉っぱも無くカラッカラの森だったのに、同じ時期でも場所によって全く異なる景色が見られるんだね。



森の中では、キツネザルや珍しい鳥がたくさん生息しているみたいなんだけど、今回はほとんど会えず、代わりにこんなヤツらに出会いました・・・


アンカラナツアー・14
トカゲ


アンカラナツアー・13
セミ


アンカラナツアー・11
まさかのピンク
天敵がいないらしい


アンカラナツアー・10
巨大ムカデ
あ~、気持ち悪い(*_*;

コイツが不思議なヤツで、木を上に登りだすと雨が降るらしい。
この時は、下へ下がってたから大丈夫!


他にも、でっかい黄色い毛虫やら、でっかいダンゴ虫やら、そんなんばっかり・・・


正直、そんなの期待してなかったから、ちょいテンション下がりぎみ(-_-;)





更に歩いていると、なんと巨大ムカデが上へ登っているじゃありませんか!!!

5分後・・・





ザーーーーーッ







マジで雨降ってきたし\(◎o◎)/


スゴイね、生き物の第6感って。







雨の中、先へ進むこと15分。


見えました、ツィンギー!

アンカラナツアー・20


アンカラナツアー・17
写真は比較的簡単に行ける、ツィンギー・ベナヴォニイ


レッドツィンギーとは違い、ここは石灰石が削られて形成されているため色は灰色。

雨水は剣先を流れ落ちる為、十分な水が確保できない。

そのため、ここに生息できる植物は乾燥に強い種類だけなんだってさ~。

ちょい離れた場所はうっそうと生い茂るジャングルなのに、ここは岩がむき出しで不思議な景色。

アンカラナツアー・15


アンカラナツアー・25




ちょっとした吊り橋も。

アンカラナツアー・26




危ないので”1人ずつ”の看板

アンカラナツアー・18
上から、マダガスカル語・フランス語・英語




それと、ここには未だに恐竜が生息しているという・・・






アンカラナツアー・19
ちょっと見ずらいけど分かる?首長竜みたいなの。





と、一通り景色を堪能してさっさと戻ります。

川も増水ナシ!無事入口に到着。









で、今日の宿・・・

アンカラナツアー・23


明日、朝一でここからマダガスカル最終目的地の
ヌシ・ベ(島)
へ向かう為アンカラナ特別保護区内のバンガローに宿泊。


アンカラナツアー・22
なんだろうね、この日本昔話みたいな感じ。


アンカラナツアー・21
左側はシャワー空間。
緑のバケツに水が用意されてるから、それを浴びます。


アンカラナツアー・24
もちろん部屋の中は、虫さん出入り自由!



夜、大雨になり雨漏りが・・・


ベッド直撃してますが・・・


傘を広げてと、





おやすみぃzzz




written by カズ


●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
プチ旅情報

【レッドツィンギー&アンカラナ特別保護区ツアー(1アリアリ≒0.04円)】

・歩き方記載の安宿、オテル・ル・パラディ・デュ・ノールにてツアー申込み
※ディエゴスアレス市内のツアー会社を数社行って、一番安かった。

・ドライバー付の4×4チャーター(250,000Ar(内100,000Arは往復のガソリン代))

・アンカラナ入場の為のガイド(英語)も手配(40,000Ar)

・レッドツィンギー入場料現地支払(10,000Ar/人)

・アンカラナ特別保護区入場料現地支払(25,000Ar/人)


【アンカラナ特別保護区 宿泊】

宿名 :バンガロー

部屋/価格 :ベッドが2つ/30,000Ar

アクセス :アンカラナ特別保護区入口を入ってすぐ左側

設備 :トイレ・蚊帳付。シャワーはバケツの水で。WIFI無し。部屋の電球は暗くなってから使用可。ご飯は併設されている(?)レストランにて。

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○


この日記は、、、1月3日の出来事です!

ブログランキングが19位に残ってる~(T_T)
みんなが”ポチッ”続けてくれたおかげです!ありがとうm(__)m

世界一周ブログランキング参加中☆
↓のマークをポチってしてくれるとポイントゲット~!!
で、順位が伸びるのでみなさんの力を貸して下さい m(__)m


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

テーマ:世界一周 - ジャンル:旅行

  1. 2012/01/08(日) 13:00:34|
  2. マダガスカル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

特に何をするでもない日

かなりの暑さで顔から汗が滝のようにでてる、さやです。



1月1日のフライトで、モロンダヴァ→アンタナナリヴォ→ディエゴスアレスとやってきました。

ディエゴスアレス5


ディエゴスアレス1



マダガスカル国内線はプロペラ付きの小型飛行機!


ディエゴスアレスに来たのは近く(と言っても100kmくらい離れてるけど)に行ってみたい見どころがあったから。


なのでここは特にみたいものは無かったんだけど、ちょいと街を散策しました☆



ただ・・・・



元旦はお店がほとんど休みで、ごはんを食べれるレストランすら開いてない(・・;)


観光客としてはかなり困るけど、思い返せば昔の日本だってお正月はどこのお店も閉まってたよなぁ~。

今はコンビニとかファミレスとかデパートだって開いてるし。。。

もちろん便利なのはいいけど、やっぱりお正月くらい家族みんなで家でポレポレできてもいいんじゃないかな?



ってなことで、お店は開いてないけど街をパシャリ!


ディエゴスアレス7



ディエゴスアレス8



ディエゴスアレス3






ディエゴスアレス6
開いてたお店でフラン(プリン)を食べた♪



ディエゴスアレス2
ホテルの屋上からの眺め


ディエゴスアレス4
かわいいタクシー



ディエゴスアレス12
さすが、元フランス植民地、
街のどこにでも売っているフランスパン☆
値段は一本400~500アリアリ(約16円)!!!!!!

しかも柔らかいし、しっとりしてるし香ばしいしホントおいしい☆
ちなみにウチらはハチミツを買ってパンに塗って食べてます。



ディエゴスアレス10



ディエゴスアレス9




ディエゴスアレス11

そんなこんなでマダガスカル滞在も残り1週間!


観光はちょっとしづらいけど、ごはんがおいしいのが本当にウレシイ♪

でも、せっかくのおいしいご飯、カズは口内炎で悪戦苦闘中(ToT)


世界のごはんシリーズもお楽しみに~!!!


って、まだ東アフリカごはんもアップしてないし・・・


●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
プチ旅情報

【ディエゴスアレス宿泊(1アリアリ≒0.04円)】

宿名 :HOTEL LA TERRASSE DU VOYAGUR(テラッサ・ボヤージュ・ホテル)

部屋/価格 :ダブル/70,000アリアリ

アクセス :歩き方記載の安宿、オテル・ル・パラディ・デュ・ノールの1ブロック北にあるホテル。オテル・~・ノールが満室で泊まれなかったので高いホテルに。

設備 :トイレ・シャワー・ファン付。WIFIフリー(屋上のテラスじゃないと電波ひろえない)。ホットシャワー24h。屋上にBAR併設。スタッフの対応はいつも笑顔で友好的。

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○


written by さや



な、なんと年末年始でついに


10位台に入りました!!!!!

それもこれもみんなのおかげです!!!

本当にどうもありがとうございます。

これからもポレポレ旅に1日1クリックをおねがいしま~す♪

↓のマークをポチってしてくれるとポイントゲット~!!
で、順位が伸びるのでみなさんの力を貸して下さい m(__)m


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

テーマ:世界一周 - ジャンル:旅行

  1. 2012/01/03(火) 18:00:00|
  2. マダガスカル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。