RAINBOW

栃木出身の夫婦が世界一周の旅を通して感じたことや体験したことを日記や写真で紹介

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

パムッカレで見た絶景サンセット♪


猫とじゃれながら暇つぶし中。。。

ヒエラポリス・19






と、なぜ夕日を待っているかのかというと、

パムッカレは遺跡よりももっと有名な見どころがある。





それが、

純白の石灰棚。

パムッカレ・1




石灰岩の大地に浸透した地下水が地熱で温められ、地表に温泉として湧き出る。

その温泉に石灰が混ざっていて、石灰が沈殿し純白の棚田を造りだしているんだって!

パムッカレ・9



何度も思うし、何度も言うけど、




地球って、自然って、スゲーーーーーー!!!!





温泉が湧き出ているだけあって、水着姿の観光客がたくさん。

パムッカレ・4


パムッカレ・5





でも、最近の観光地化のための開発ラッシュによって、温泉が枯れてきているという事実があり、ここに流れている温泉は上流で水量を管理しているみたい。




ちなみに、前回の遺跡とこの棚田を含めて、ユネスコの複合遺産として登録してある物件。




たしかに、ほとんどの棚田にはお湯が入ってなかったな。

パムッカレ・10






それにしても、白い!



ほんとに白い!!



太陽の反射もあって眩しいぐらいに白い!!!


パムッカレ・12


パムッカレ・11


パムッカレ・6




そして、広範囲!

パムッカレ・14


パムッカレ・7





更に、白い大地に溜まるお湯が太陽に反射して神秘的な色に。

パムッカレ・15


パムッカレ・8


パムッカレ・13






昼間に見る純白の棚田は、すでに絶景で自然の大きさを感じたんだけれども、、、











ここから約3時間、日が沈むまで、待ち、

暑い日差しに耐え、さやは頭が痛くなりながら・・・
















そして、

19時前ようやく太陽が傾き始める

パムッカレ・17








ここからが絶景だった!






19時半ころからの約40分間、

自然が織りなすサンセットショーが始まる。




パムッカレ・18


パムッカレ・19

水面にがオレンジ色に染まっていく

パムッカレ・16











地球をキャンパスにした、夕日の深いオレンジ色

パムッカレ・20


パムッカレ・21










遥か遠くの山に消えていく夕日

パムッカレ・22

空に描かれたグラデーションは自然の素晴らしさを感じる。

パムッカレ・2





ふと横を見れば、地球の虜になっている大人がもう一人。。。

パムッカレ・23










今日のサンセットショーも終わりに近づき・・・

パムッカレ・24













最後は2人で夕日を眺め、

パムッカレ・3









この旅一番の、夕景に出会えたのでした。






めでたし。めでたし。


おしまい。






written by カズ


※お知らせ
 
ホームページの「PHOTOS」東欧パート2の写真をアップしました!!
ぜひご覧ください★

↓ここをクリック!
RAINBOW-夫婦ポレポレ世界一周の旅-



いつもありがとうございます!

世界一周ブログランキング参加中☆
↓のマークをポチってしてくれるとポイントゲット!
で、順位が伸びるのでみなさんの力を貸して下さい m(__)m


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:世界一周 - ジャンル:旅行

  1. 2012/05/13(日) 07:38:07|
  2. トルコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

トルコにあるヒエラポリスっていうローマ遺跡


にょっきにょき捜索はひと段落したので、次の町へ移動です。


ギョレメから20時出発の夜行バスで11時間揺られ、向かった先は、トルコ最後の町。


パムッカレに来ました。




ここ最近、あまり日程に余裕がなくなってきてるのでゆっくりしてるヒマはありません。



宿で少し仮眠をとり、さっそく観光開始♪





まずは、パムッカレからバスで15分ほどの隣町、カラハユットという温泉街へ。



なんでも、赤湯ってのが有名らしいので覗いてみることに。

ヒエラポリス・2




・・・・・




お湯は赤くないね。



でも、お湯が流れ出ているところは赤く染まってたから、成分が赤いやつなんだろうね!

ヒエラポリス・3

赤いやつ!?

何か分からないけど!




温泉の温度は30℃ぐらい。



地元のおばちゃん達の憩いの場になってるんだね。


ヒエラポリス・1

子供みたいに足、パチャパチャしてた^^






このカラハユットの町、ほとんどツーリストは見かけず、

ヒエラポリス・4

とってもの~んびりした雰囲気だったな。

温泉街で売り出し中のわりには、ちょっと寂しい感じもしたけど、田舎町って感じで良い♪

ヒエラポリス・5

俺の町に文句つけるな!ワン。










カラハユットから、パムッカレまでは歩いて戻ります。


ギョレメは寒かったけど、パムッカレは暑い!


空は青空!


遥か遠くには雪山が見えて、目の前には菜の花の絨毯。

ヒエラポリス・6

こんな景があるから徒歩ってイイ!



ヒエラポリス・7

青と緑と黄色のコントラストが素敵な風景!

空気も新鮮で最高だね!


ちょっと、暑いケドも。。。







30分ほど歩いて到着したのが、パムッカレにあるローマ時代の遺跡群。


ヒエラポリス。



ここはローマ帝国の温泉保養地として栄えた場所。


ヒエラポリス・8

入場してすぐ、遺跡がゴロゴロ。。。

当時のお墓らしい。

ヒエラポリス・9


ヒエラポリス・10


ヒエラポリス・11

鮮やかな赤だね!






ここの遺跡けっこう、広い。


ヒエラポリス・12



あちこっちに遺跡が転がってる。


なんでも1354年の大地震で廃墟と化したみたい。



これが浴場跡・・・だったような・・・

ヒエラポリス・13



ローマ浴場といえば、日本で公開中の映画あるよね。

濃い阿部寛が主役のやつね。

なんでも、海外での試写会かなんかで、

「こんな顔の濃い日本人がいるなんて!」って笑われたんでしょ!?

見てみたいわ~。









他にも、ローマ帝国らしい遺跡も。

ヒエラポリス・14


ヒエラポリス・15


ヒエラポリス・16






これは当時のイメージ写真

ヒエラポリス・17


で、現在

ヒエラポリス・18

この土台だけじゃ、全く想像つかないよね。







ローマ劇場

ヒエラポリス・21



けっこう大きい劇場で、観客席の最上段から下を眺めると大きさが分かる。

ヒエラポリス・22









一通り、遺跡を見て回り、木陰で休憩・・・

ヒエラポリス・19

おでこをギュッと上げてみる。

この目と顔!

癒し効果バツグン!





そして、パムッカレの超絶景をみるために、この猫ちゃんと遊びながら、夕暮れを待つのでした。。。



ヒエラポリス・20




written by カズ


●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
プチ旅情報
【レート】
1TRY(トルコリラ)≒45円

【パムッカレ安宿情報】

宿名 :Artemis Yoruk Hotel(アルテミス・ヨーク・ホテル)

部屋 :5人ドミトリー(トイレ・シャワー部屋内)

価格 :20リラ/人

アクセス:パムッカレの石灰棚まで歩いて10分の好立地。

設備 :WIFIフリー。朝食ビュッフェ付き。

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○


いつもありがとうございます!

世界一周ブログランキング参加中☆
↓のマークをポチってしてくれるとポイントゲット!
で、順位が伸びるのでみなさんの力を貸して下さい m(__)m


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

テーマ:世界一周 - ジャンル:旅行

  1. 2012/05/12(土) 07:47:12|
  2. トルコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

これぞ、カッパキア!!!


昨日参加したツアーでは残念ながら、にょっきにょきのキノコ岩に出会えず・・・


今日は自分たちで移動して、目的の”にょっきにょき”を探しに行きます!




まずは、僕らが宿泊しているギョレメ村から歩いて1時間。

ウチヒサルと呼ばれている一枚岩の要塞がある小さな村へ。

これぞカッパドキア・23

今日も雨だからね~。

最近よく雨降るんだよね~。

あ~、イヤだイヤだ。



目の前にそそり立つ巨大な岩が要塞で、

これぞカッパドキア・24

高台を登っていくと、

こんなとぼけた顔してお出迎え!笑







そして、小学生らしきトルコ子供の遠足に遭遇し、人気者に!

写真撮られてばっかりで、撮るの忘れた(>_<)





で、肝心のキノコ岩には出会えず。。。






なかなか、もったいぶるね、キノコ岩さん。





って、

なんで、こんなにキノコ岩に遭えないかっていうと、

僕ら、トルコのガイドブックを持ってなくて、カッパドキアの情報が乏しいんです。

出会った旅人さんに借りたりして読むんだけど頭に入らなくて・・・

ガイドブックって持ち歩かないと効力発揮できないね。


だから、宿でもらったMAPを手にキノコ岩を探しているんです。











話しは戻って、

朝、降っていた雨もやみ、空には青空が!

これぞカッパドキア・2


これぞカッパドキア・3

ほんとにこの地域の天気は、コロッコロ変わって暑かったり、寒かったりと難しい。。。

でも、やっぱり天気がイイと元気もでる!

素晴らしい景色には青空がイチバン!!









そして、次の目的地に行くために循環バスに乗り込む!


目的地は隣の町からちょっと離れた渓谷。


運転手に目的地を伝えてと、、、


まずは隣町に到着する。

ここまでの料金を支払う。

15分ほど待ち時間。

そして、目的地に向かうと思ったら、

来た道を戻り始め、

ギョレメの町に戻ったとさ・・・






なんで?

なんで、最初にそう言ってくれなかった??



そして、無意味な往復のバス料金は返してくれず・・・

トルコ人で、こんな不親切な人がいるなんて。。。残念だ。



このあとバスは目的地へ向かい、無事到着!

というか、目的地から1kmほど離れた場所で降ろされて・・・



仕方ないから、歩いて向かう。

これぞカッパドキア・4


周りを見れば、奇岩群

これぞカッパドキア・5


これぞカッパドキア・6







!!!!!



見っけ!


これぞカッパドキア・25

でも2,3個だけでした。








少し歩き、、、


疲れたので、、、


目的の渓谷は諦め、、、


確実にキノコが見られる場所へ目的地変更!

最初っから、そこへ向かえばいいのに。ってのはナシです・・・




途中、腹が減ったから食べようとしたパン。

これぞカッパドキア・27

で、遊ぶ。



これぞカッパドキア・26


更に遊ぶ。。。



疲れると、こんな感じになっていきます。笑







そして、ついに!




見えてきたのが!!




これぞカッパドキア・7






にょっきにょきのキノコ岩エリア!


これぞカッパドキア・14


これぞカッパドキア・9



あっちもこっちも、


これぞカッパドキア・8



にょっきにょき!




ちなみに何故?こんな形になったかというと、

柔らかい火山灰が積もっていく過程で、まれに固い岩が積もる。

その火山灰の中に埋もれた固い岩は、雨の浸食に耐え、逆に柔らかい火山灰は雨によって削られて(浸食)されていく。

だから、固い岩(濃い色の岩)が帽子の様な役割を果たし、下の柔らかい部分は雨の影響をあまり受けずに残り、こんなキノコみたいな岩になるという。

自然の造形って、おもしろいよね。



これぞカッパドキア・29

これなんて、真ん中のキノコ岩が絶妙すぎるでしょ!


これぞカッパドキア・10


これぞカッパドキア・12


これぞカッパドキア・11


これぞカッパドキア・28

かなりデカい!



疲れも吹っ飛び、にょっきにょきポーズで!

これぞカッパドキア・30


これぞカッパドキア・31


これぞカッパドキア・1





ペンギンみたいな岩も。

これぞカッパドキア・16







広大な奇岩群
これぞカッパドキア・18










ようやく見つけた、キノコ岩群!


こここそが、僕らがイメージしてた、カッパドキア!!!




気分もスッキリ!


さっ、帰りましょ!!







でも、天気はがっかり・・・

これぞカッパドキア・17



ギョレメまでは歩いて帰るから、急ぎ足で歩きだす。






「あー、絶対に降られるなぁ」


なんて思ってたら、車が停まり、


「ギョレメー?」


って地元の老夫婦が声かけてくれて、


「乗ってけ」って乗せてくれた!


そしたらスグに大雨。


ギョレメに着いたら、ヒョウまで降ってきたからね。

これぞカッパドキア・20

本当に感謝!


トルコ人は優しい人が多い!

バスの運転手みたいのもいるけども、基本的にみんな親切!



ありがとう。

これぞカッパドキア・19

腕を組んで、お土産屋さん覗いてた^^

素敵な夫婦だね。






今日は、キノコ岩を超える、素敵な出会いがありました♪


トルコ人ありがとう

これぞカッパドキア・22


これぞカッパドキア・21


これぞカッパドキア・13





written by カズ


いつもありがとうございます!

世界一周ブログランキング参加中☆
↓のマークをポチってしてくれるとポイントゲット!
で、順位が伸びるのでみなさんの力を貸して下さい m(__)m


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

テーマ:世界一周 - ジャンル:旅行

  1. 2012/05/10(木) 01:12:27|
  2. トルコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ここはカッパドキア??

トラブゾンから、次の目的地は

カッパドキア!


夜行バスで、トルコの首都アンカラへ行き、朝到着してバスを乗り換え。

タイミングよく10分の待ち時間で、目的地カッパドキアへのバスに乗り込み、合計18時間。

夜行疲れるわ。。。



でも、疲れも吹っ飛ぶ、トルコ最大の観光ハイライト!

カッパドキアに到着!!



カッパドキアといっても、かなり広範囲に見どころが点在していて、自力で観光するのは効率が悪いとのこと。

なのでカッパドキアの南側を周る”グリーンツアー”に参加して、効率よく周ることに。


僕らが滞在したのはカッパドキア観光拠点の村、

「ギョレメ」

ここはカッパドキア・18

泊まった宿からの眺め。



ちなみにカッパドキアは、世界複合遺産に登録されている物件。

不思議な形をした奇岩群が有名で、

キノコの形をした岩が、にょきにょきと生えている様な景色が見られるんだから楽しみ!



キノコ岩ね!!!







朝9:30にミニバスに乗り込みツアー出発!

僕らの他に、中国人、韓国人、オーストラリア人、ブラジル人、メキシコ人、カナダ人と、かなりインターナショナルなツアーに。


トルコなのに、トルコ人いないからね!

でも、そのぐらいカッパドキアには色々な国から観光客が来てるってこと。





出発してまずは、ギョレメパノラマというビューポイントへ。


ここはカッパドキア・3


ここはカッパドキア・2

ん~、あんまりキノコ岩が見当たらない。。。

天気が曇りってのもあって、遠くがかすんでたしどーも、いまひとつ。


それでも、広大に広がる変な形の岩はおもしろい!

ここはカッパドキア・19



でも、僕らが求めてるのは、こんな岩!
ここはカッパドキア・4

これ、どっこにでも売ってたお土産ね。





ちょっと、不満が残りつつ、次の目的地は

カイマクル地下都市

カッパドキアには深さ45メートルにもなる地下都市が存在していて、今回見学したのはその一部。

ここはカッパドキア・6

アラブ人から逃れたキリスト教が住んだことがあるともいわれている地下都市。

その構造は、迷路のように入り組み天井は低く、ライトを消すと真っ暗。

敵の侵入を防ぐような構造と、大規模な共同生活が出来るように、厨房や寝室、教団も存在していたらしい。

ここはカッパドキア・5


もちろん、キリスト教にかかせない教会(礼拝堂)も。

ここはカッパドキア・20

ここ礼拝堂なんだけど、フレスコ画などが見当たらないのは、洞窟内の湿度が高くて書けなかったためみたい。



ここには当時、約2万人が暮らしてたっていうんだから驚き。


約30分ほど、説明を聞きながら地下都市内を歩きまわり、外に出る。




もちろん、この内部にはキノコ岩はありませんでした。。。




外のお土産屋で記念写真

ここはカッパドキア・21

この帽子だと、ヒゲも欲しいよね。

あっ、ヨーロッパに入ってヒゲ剃ったの知ってた??
さやは気づかなかったからね!
夫の顔を見てないのかしら?









続いて、ウフララ渓谷へ。

ここはカッパドキア・7


ここはカッパドキア・8

参加メンバー




ここで約4kmのハイキング。

谷底を流れる川に沿って歩き、途中、岩をくぐったり、

ここはカッパドキア・10



緑豊かな歩道を歩き

ここはカッパドキア・23



周りは100mの渓谷。

ここはカッパドキア・9

ここはカッパドキア・11



そして、この渓谷には5000もの住居と、105の教会が残っているらしい。

ここはカッパドキア・22


ここはカッパドキア・12

人が住んでいた形跡





ん~~、ここでもキノコ岩は見つからなかった。。。

そして、天気が悪い。。。


ここはカッパドキア・13











次に向かったのは、ココ!

ここはカッパドキア・15

名前忘れた・・・


ここは、なんか奇岩っぽくて、カッパドキアっぽい!!!

ってテンション上がってきたら、、、


雨と雷・・・

ここはカッパドキア・17

岩の洞窟で雨宿り。




ここはカッパドキア・16

この雨によって岩が浸食されて、こんな不思議な形になるんだね。

自然が創る造形美ってすごいよ、ほんとに!




結局、ここに滞在してた時間はずっと雨宿り・・・










そんで、最後に、通りかかった道から見えたのが、コイツ!



ここはカッパドキア・14


ここはカッパドキア・24

キノコーーー!!!

周りの岩もそれとなくカッパドキアっぽくて、一番イメージしてたものに近づいたかな。


でも、なんか違ーう。。。





僕ら2人が見たいのは、

「キノコがにょっきにょき!の大群」だから!





明日は、自分達の足でキノコ探しだ!!!

そして、晴れてくれーーー!!!


ここはカッパドキア・25





written by カズ


●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
プチ旅情報
【レート】
1TRY(トルコリラ)≒45円

【ギョレメ安宿情報】

宿名 :SHOESTRING HOTEL(シューストリング ホテル)

部屋 :ドミトリー(トイレ・シャワー共同)

価格 :20リラ/人

アクセス:

設備 :WIFIフリー。朝食ビュッフェ付き。

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○


いつもありがとうございます!

世界一周ブログランキング参加中☆
↓のマークをポチってしてくれるとポイントゲット!
で、順位が伸びるのでみなさんの力を貸して下さい m(__)m


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

テーマ:世界一周 - ジャンル:旅行

  1. 2012/05/09(水) 01:49:06|
  2. トルコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

黒海ってやっぱり黒・・・

トルコ料理おいしいけど、正直、味が単調で飽きつつあります、さやです。



サフランボルから夜行バスでやって来ました


「トラブゾン」


ここは黒海沿岸の町で、別に世界遺産でも何でもないんだけど、旅人にオススメされたので来てみました。



っていうか、ちょっと愚痴なんだけど、、、


トルコのバスは豪華で有名。

トラブゾン20


トラブゾン22



確かに個人用モニター付いてるし、飲み物とかお菓子のサービスあるのはいいんだけど、


トラブゾン21



なぜトイレが付いていない?!



だから途中でトイレ休憩とか食事休憩とかちょこちょこある。


トラブゾン23
なんとこのバス会社専用のレストラン!!!


その時にトイレに行けば良いと言えばそうなんだけど、トイレ休憩の後にまだ飲み物のサービスがすぐ来るんだよね。
だから思わずジュースとか水とか飲んじゃうんだよね。


そしてトイレに行きたくなる。。。
(@_@;)




なので、ついにこの前バスを停めさせました。そしてトイレに猛ダッシュ!!!
トイレから帰ってきたワタシをバスのスタッフは笑顔で、乗客は冷たい目線で迎えてくれました。


だったらトイレつければいいのに。。。


あとね、トルコのバスは夜行向きじゃない!

座席の間隔が狭いからあんまりシートを倒せないし、足置きはないし。
ちょっとウトウトし始めたところで、


「ハイ。休憩です。」ってトイレ休憩やら食事休憩やら。



ボロくてもトイレがついててシートが十分倒せるボリビアのバスのほうが断然眠れる!!!!



んで、トラブゾン。



町についてまずは「アヤ ソフィア」へ。

アヤ・ソフィアといえばイスタンブールのが有名だけど、入場料が高いから行ってません!

なのでトラブゾンのアヤ・ソフィアへ。


トラブゾン2


入場料は・・・5リラ。
ガイドブックより2リラ上がってたよ。


トルコの物価上がりすぎじゃない?!

トラブゾン6



そしてここにはキリスト教のフレスコ画があります。


トラブゾン4


トラブゾン5


トラブゾン3


ここにはたくさんの子供たちが来てたけど、社会科学習かな??


天気もいいし、気持ちいい!



そしてここから見えるのは・・・




黒海!!!!



やっぱり黒い海と書いて黒海なだけあって、




トラブゾン7





青い!!!!




ぜんっぜん黒くないっ!
(・・;)




硫化鉄によって黒味をおびてるはずなんだけど。



ま、そんなことは薄々気づいてましたよ。



そんなことよりも沿岸の町だったらやっぱり魚でしょう☆



ってなことで、お魚が食べられるレストランへ行って来ました♪



トラブゾン11



同じ旅仲間夫婦のブログを読んでおいしそうだったので来ちゃいました~ん!


トラブゾン8
おじさんが魚を焼いてるよ~♪



そして頼んだのが



トラブゾン9

サーモンと


トラブゾン10


アンチョビ!!




久しぶりの焼き魚☆


お味は・・・



モチロン美味しっ!!



ただ残念なことに



主食はパンなのよ~
(;′Д`)





やっぱり日本人だったらゴハンだろうが!!!


是非ご飯と大根おろしとポン酢くらいは置いといてほしいワ。



そして次の日。


トラブゾンに来る観光客が必ずと言っていいほど行く場所。


それが、「シュメラ僧院」

断崖絶壁の途中に建っている僧院なのです!


今回はツアーに参加してその場所を目指します。


バスに揺られること1時間。。。


シュメラ僧院が見えてきた!


トラブゾン12


トラブゾン17



すごいとこに建てましたなぁ~。

キリスト教徒が迫害されていた時代になんとかキリスト教の教えを保つためにこんな場所に建てざるおえなかったんだろうね。


いつの時代も宗教とか人種とかの問題はあるんだよね。。。


そして内部はこんな感じ。


トラブゾン18


トラブゾン13


トラブゾン19


トラブゾン14


トラブゾン15




トラブゾン16
残念ながらフレスコ画の上から落書きが・・・。


そしてトルコに入ってからまたもや有名人となりました!

恒例の写真撮影☆

トラブゾン1



そんなに平らな顔が珍しいでしょうか??
(;一_一)




そんなこんなでトラブゾンは1泊2日。

移動は大変だったけど、市街地も散策しやすいしウチらは結構好きな町です!


ただ夜行バスで到着して夜行バスで出発。。。。


嗚呼、最近ホントにツライっす。


●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
プチ旅情報
【レート】
1TRY(トルコリラ)≒45円

【トラブゾン安宿情報】

宿名 :BENLI HOTEL(ベンリ ホテル)

部屋 :ツイン(トイレ・シャワー共同)

価格 :30リラ/部屋

アクセス:中心地近くで立地良し!

設備 :WIFIフリー。ウェルカムティーあり。

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

written by さや



メルハバ。

現在、旅に疲れてます。。。
(>_<)


いつもブログを読んでくれてテシェッキュル エデリム!

これからもポレポレ旅に1日1クリックをお願いします♪

↓のマークをポチってしてくれるとポイントゲット~!!
で、順位が伸びるのでみなさんの力を貸して下さい m(__)m


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

テーマ:世界一周 - ジャンル:旅行

  1. 2012/05/06(日) 21:08:08|
  2. トルコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。