RAINBOW

栃木出身の夫婦が世界一周の旅を通して感じたことや体験したことを日記や写真で紹介

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

下界を離れて、天空寺院へ。


アテネ滞在中、Yahooニュースを覗くと毎日のようにギリシャ政権についての記事が目に入る。

連立決まらず、

再選挙の可能性、

EU離脱か。




そんなニュースが流れている時のアテネはというと、、、

観光している限り、町の中心は混乱してる様子はないし、市民は普通の暮らしをしている雰囲気。


でも、前回の記事の通り、

ど真ん中の観光地から少し外れれば、

街中は落書きだらけ、
(ちょっとやそっとじゃなく、落書きが無い壁はないってぐらいの落書き)

路上で物を売る人、

外国からの出稼ぎ労働者、

警官に追いかけられてる人、



ちょっと、他のEU加盟国に比べると、なんかちょっと安定していない感じだったな。








っと、いきなり題名とは全く違う方向に話が・・・





元に戻します。




そんなアテネから列車に乗って約5時間、

一路カランバカという町へ。

メテオラ・16





今回泊まった宿、

なんと3つ星ホテル!

☆☆☆

メテオラ・4



お値段1部屋、30EURなり。

朝食付き!もちろんWIFIフリー!


この町にドミの宿が見つからなかったのと、ネットで探しても最安値が34EURだったこと、それを踏まえて探してたらいいホテル見っけちゃいました!

といっても、本来は45EUR。

でも、安くしてくれて35EURに。

それでも予算オーバーだったから他のホテル探そうとしたら、

「じゃ、30EURでいいよ。」って。


ラッキー!

久しぶりのホテルで、大満足。




たまにはね!








着いた日はもう、目的の天空都市へ行くバスは無く、とりあえず町をブラブラ。

メテオラ・5

晴天!

30℃あるみたいだけど、乾燥してて風が心地よくて過ごしやすい。

カランバカの町の背後には、巨大な岩山がそそり立つ。



あの岩山の上には・・・・・









カランバカ自体には見どころが無いので、3つ星ホテルに戻りゆっくり過ごし、久々のリラックスモード。








zzzzz













次の日。



なんと外は、

ど~んよりした曇り空(>_<)

昨日は、あんなに晴れてたのに・・・






最近、いざ観光するぞ!っていう日は曇るんだよね。。。


雨じゃないだけいいのかな。






天気ばかりはどうしようもない。
とりあえず出発!

朝9時の市バスに乗り、坂道をどんどん上って、あの岩山の上へ。

そこで見えてきたのは、









メテオラ・25



メテオラ・6



メテオラ・8





天空寺院・メテオラ






ユネスコ複合遺産に登録されている物件。



メテオラの語源は「宙に浮いている」という意味。

始まりは神との交信を求めて、岩の頂に修道院を設立したという。

14世紀以降、24もの修道院が建てられ現在もいくつかの修道院では修行が続けられている。

当時は橋や階段もなく、荷物は吊り篭や、巻き上げ機を使って運ばれ、その吊り篭にで人間も運ばれたっていうんだから驚き!

メテオラ・7


建物の上に網があるの分かるかな??

あれに人が入って、持ち上げられる・・・

ん~~~、もはや罰ゲーム??度胸試しか??





一番最初の写真はメテオラ最大の寺院で、修道院の行政を司っている、

メガロ・メテオロン修道院




中はけっこう広く、ちょっとした博物館になっていて、当時の生活用品が展示されていたり、

メテオラ・9


メテオラ・10

当時、ワインを作っていたみたい。






中庭があったり、

メテオラ・11

女性はスカートが義務付けられているので、さやは入口で借りました。

もんぺ履いてるみたいだね!笑







そして、こんな部屋も・・・

メテオラ・18

整然と並ぶ骸骨

修行者たちのガイコツかな?






すぐ隣にある、

ヴァルラーム修道院

メテオラ・3


メテオラ・12

いや~、いい眺め!!!



空がど~んよりしている事以外は・・・

これが青空だったら、どんなに写真が映えるか。。。

う~~~、悔しいね。。。






あっ、ギリシャはね、猫がどこにでもいる^^

メテオラ・20

















そして、いくつかの寺院を巡るのに歩くと、

目の前に広がる眺めは、


メテオラ・13






メテオラ・2

こちらはルサヌ修道院

もはやオモチャみたい!笑

ちなみにルサヌ修道院は尼僧院なんだって。







メテオラ・14



メテオラ・1

これはアギア・トリアダ修道院

よくもまぁ、こんな絶壁の頂きに建てたもんだね。




下界から全てを断ち切って、こんな天空で修行をする。

なんとも、信条深い人達だね。

なんとなく仏教徒です!っていう僕らではなかなか理解するのは難しいよ。




でも、

3日間ぐらいなら下界を断ち切って、あの上で生活したい!!!笑


いや、2日で飽きそうだ・・・


いや、1日か・・・









眼下に広がるカランバカの町

メテオラ・15


ミニチュア風

メテオラ・19










いや~~~、

どこを見渡しても、いい景色だった☆















一通り、修道院を見た後は、森の中をトレッキングしてカランバカへ戻り、

メテオラ・21


メテオラ・22






ギリシャ名物、ギロピタでお腹を満たし、

メテオラ・17

約160円。









大満足の天空寺院・メテオラを後にし、

夜行バスで次の国へ向かうのでした。。。







ギリシャ!

さよなら~~~~~。










written by カズ


●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
プチ旅情報
【レート】
1EUR(ユーロ)≒110円

【カランバカ安宿情報】

宿名 :HOTEL REX(ホテル・レックス)

部屋 :ダブル(トイレ・シャワー付き)

価格 :30EUR/部屋

アクセス:カランバカ駅から徒歩10分。歩き方記載。

設備 :WIFIフリー。朝食付き。35EURだったのがお願いして30EURに。

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○


いつもありがとうございます!

世界一周ブログランキング参加中☆
↓のマークをポチってしてくれるとポイントゲット!
で、順位が伸びるのでみなさんの力を貸して下さい m(__)m


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:世界一周 - ジャンル:旅行

  1. 2012/05/18(金) 07:29:26|
  2. ギリシャ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

もしや病気!?この症状ってもしかして、アレ・・・

ついに2012年ロンドンオリンピックの聖火リレーが始まったね!
採火式の時にはすでにギリシャにいたけど、誰もそんなこと言ってなかったから知らなかった。。。

次の日にネットで日本のニュース見て知ったよ。



さて、ヒオス島から夜行のフェリーに乗ってアテネ入り!!
その時のフェリーがスゴイ豪華で、ウチラの席は2番目に安かったんだけど、飛行機のビジネスクラスみたいな席でなんとか眠れました。



とりあえず予約してた宿にチェックイン!
いつもなら少し休んでから行動するんだけど、今回は結構眠れたしアテネは日中気温が上がるらしいから早めに観光開始!!!



まず行ったのが、「ケラミコスの遺跡」!


アテネ16



ここは古代墓地なんだけど、墓地からはいろんな埋葬品とかきれいな彫刻の墓石が発見されたんだって。


アテネ17



そしてここには多くの陶器職人が住んでたことから、土地名のケラミコスがセラミック(=陶器)の語源になったらしい!


アテネ18
今でも発掘作業が続いてます!



ってか、アテネに来てびっくりしたことがどんなとこでも発掘作業やってて、いろんなとこに古代ギリシャ時代の遺跡が保存されてる。



アテネ19
ここも発掘作業中!!


昔、本気でどこかの調査チームに参加して発掘作業したい、って思ってたから見てるだけでワクワクする☆

ただ、残念なことにあちこちに落書きが多すぎる!!!

アテネ7


アテネ12

かなり景観を害しててもったいないよなぁ・・・。



続いては、「古代アゴラ」!



アテネ1
当時のままの建っているヘファイストス神殿


ちなみに丘の上から見るとこんな感じ

アテネ25



アテネ2
古代アゴラ博物館は完全に当時の状態を再現した


アゴラとは「市場」という意味で当時の住民が買い物する場だったり憩いの場だったり。
そしてこの古代アゴラには哲学者のプラトンとかソクラテスが議論を交わしに来てたんだって!


この次に来たのが、「アドリアノスの図書館」


アテネ3



アテネ4



うーん、柱だけ。。。




今度は、「ローマンアゴラ」



アテネ5




アテネ6
これは風の神の塔
日時計・水時計・風見として利用されてたそうな。




お次は、「ゼウス神殿」


アテネ14


当時は104本あった柱も現在は15本のみ。だけど、その高さには圧巻!



アテネ23
丘から見たゼウス神殿



そして最後に・・・・・アクロポリス!!!


アクロポリスと言えばもちろん



「パルテノン神殿」!


ジャーン☆




アテネ11



な、なんと工事中!!!!!



完全復元を目指して現在修復中。。。
(;′Д`)


しかも、その修復方法がちょっと残念。


アテネ20



新しい石材をそのまま使用。
当時のもそのまま使用。


カンボジアのアンコールワットを修復してる中国チームと同じやり方。
(HD壊れちゃって写真載せられないので、詳しくはカンボジアの記事へ!)


日本チームは修復した部分が分からないようにわざと古く加工したりしてたし。。。


ま、考え方の違いだけどね。



アテネ21
これも必要みたい。


アテネ9




アテネ10



かなり大がかりな作業だから完成はいつになることやら。



アテネ24
すばらしいレリーフを発見!



そしてアクロポリスには、パルテノン神殿よりも見たかった神殿があります♪


それが、「エレクティオン」!


アテネ22


この少女像が見たかったぁ~☆


でもここにあるのは全部レプリカで、5体はアテネの博物館で1体は大英博物館だって。


そして近くにあった音楽堂

アテネ8


ここも修復されていて、夏にはコンサートとかやるんだって。



とりあえずアテネで見たかったものは全部見た!

っていうか、共通チケットがあったから全部見ただけで、途中から二人とも疲れ気味。。。



申し訳ないけど、正直「全部一緒じゃん」って思ってしまった。。。



だってトルコのヒエラポリスも見たし、ヨルダンのアンマンでもローマ遺跡見てたし。



あれ?この症状、もしかして・・・・




世界一周症候群?!
(@_@;)



これが、世界一周している旅人がたまになってしまうっていう病気ですか?



つまり、いろんなところを旅して同じような風景をたくさん見てしまっているので、素晴らしい風景や建築、芸術を見てもあまり感動しなくなる症状!!!



うーん、どうやらなってしまったようです。。。
(-_-;)


暑い中歩いて遺跡を周るのも疲れるし、宿探すのも安いレストランとか探すのも面倒くさい。。

どうせなら日本からツアーに参加して連れて行かれる旅がしたい。
ってか、観光名所とか見ないで宿でゆっくりしたい。もちろん相部屋じゃなくて個室で。


や、ヤバイ。これってかなり重症?!


ブログ書いてる旅人ってこういうこと書かないけど、こんな状態にならないのかな???
ってか、たぶん上手に旅してるんだろうね。


ウチら、かなり疲れてるのかなぁ。。。



ちなみにアテネは宿の屋上から見た夜景がイチバン良かったよ。

アテネ26



アテネ13



●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
プチ旅情報
【レート】
1EUR(ユーロ)≒110円

【アテネ安宿情報】

宿名 :Pella Inn(ペラ イン)

部屋 :ドミトリー(トイレ・シャワー共同)

価格 :12EUR/人(8人部屋)

アクセス:モナスティラキ駅から徒歩五分

アドレス:104 Ermou St, 10554 Plaka, ATHENS

設備 :WIFIフリー。朝食なし。屋上にテラスあり。

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○


written by さや



ヤーサス!!(こんにちは byギリシャ語)
いつもブログを読んでくれてエフハリスト!(ありがとう)

この二人、かなり疲れてるかも。と思った方、1クリックをお願いします♪


↓のマークをポチってしてくれるとポイントゲット~!!
で、順位が伸びるのでみなさんの力を貸して下さい m(__)m


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

テーマ:世界一周 - ジャンル:旅行

  1. 2012/05/17(木) 07:41:48|
  2. ギリシャ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ギリシャの有名な島々に行けない人へ。

ギリシャの島っていうと有名なのが、サントリー二島とかミコノス島とか。

あの、白い壁に青い屋根のお家がところ狭しと並んでて、そこから青い海を眺める写真はみんな見たことがあるはず。
日本から結婚式を挙げにくるカップルもいるほどだから、すごくキレイなんだろうなぁ~。


さてさて、幸運にもギリシャのガイドブックを手に入れたウチラは、せっかく来たギリシャの島でオススメの観光スポットへ。

ヒオス島だって観光スポットはあるんですっ!



海じゃないけど。。。


まずは1日に4便しか運行していないバスに乗って終点のメスタという村へ。


ヒオス島1



ここは要塞の村で周囲は石壁で囲まれてるんだけど、内部に入ると迷路みたく路地がつづいててそれに沿って家が並んでる。


実はここは行くつもりがなかったけど、バスステーションのお姉さんにすごくオススメされたので行ってみることに。



要塞の外の家


ヒオス島11




そして迷路の入口発見!!


ヒオス島2


それでは突入~♪



ヒオス島3



ヒオス島6



ヒオス島4



すごく雰囲気がいい☆

ヒオス島8



ヒオス島9



ヒオス島5


最近動物(特に猫)を撮るのにハマってます

ヒオス島7




ヒオス島22
売り物か?

ヒオス島21



ヒオス島20





ヒオス島12
初めてレモンが木になっているところを見た!



この村の要塞は保存状態がすごくいいので、村全体が見事にタイムスリップしたような感じ。

人も穏やかで、目が合うと挨拶をしてくれる☆


1時間半も滞在すれば十分な広さだけど、ここのオープンテラスのカフェで一日のんびりするのもアリかも♪



今度はメスタからヒオスタウン(ウチらが泊まってる場所)に戻るバスに乗って途中下車。


続いての目的地は・・・・



ヒオス島13



ピルギ村。(PIRGI)



ここは何が有名かというと、家の外壁を幾何学模様で装飾しているのです!!!



ヒオス島18




ヒオス島14




ヒオス島23




銀行だって

ヒオス島24





教会だって

ヒオス島25




近くで見てみるとこんな感じ


ヒオス島16



灰色の上に白を塗って、職人さんが削ってるんだって。


ヒオス島28


ヒオス島19


すごくキレイ☆



これはワタシのお気に入り♪

ヒオス島27




ヒオス島17
またもや猫!



を撮ってるカズ!

ヒオス島26



ここも1時間半の滞在で終了!

15:20のヒオスタウン行きが最終バスだから乗り遅れないように!!



19世紀にオスマン帝国からの独立を目指したギリシャは、ヒオス島でトルコ艦隊を打ち破った。

しかし、その報復にトルコ軍はヒオス島で約2万3千人を虐殺し、4万7千人を捕虜にした。


そんな悲しい歴史もあるヒオス島だけど、今はトルコからのアクセス(フェリーで45分)もとてもいいので観光客もいっぱい!


そしてこの島には世界遺産もあるんだよ!!
ただ、アクセスが悪くてタクシーかレンタカーでしか行くのが難しいけど。。。


アテネからも1日1便フェリーが出ているので、ギリシャ→トルコ、トルコ→ギリシャを考えてる人とかトルコからの日帰り観光もオススメです!

ぜひヒオス島へ行ってみよう♪


ヒオス島10



written by さや



ヤーサス!!(こんにちはbyギリシャ語)
いつもブログを読んでくれてエフハリスト!(ありがとう)

正直、ホントはサントリー二島とか行きたかったけど。。。
(・・;)

ってか、海を満喫してないしっ!


これからもポレポレ旅に1日1クリックをお願いします♪

↓のマークをポチってしてくれるとポイントゲット~!!
で、順位が伸びるのでみなさんの力を貸して下さい m(__)m


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

テーマ:世界一周 - ジャンル:旅行

  1. 2012/05/16(水) 07:30:54|
  2. ギリシャ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ギリシャ初上陸地は日本大好きおじいちゃんのいるヒオス島へ!

素晴らしい景色を見せてもらったパムッカレは1泊で終了。
そしてお次はギリシャに突入なんだけど、ギリシャ入りには2つの選択肢があった。


1、イスタンブールに戻って夜行バスでアテネへ。

2、トルコから行けるギリシャの島に渡ってギリシャ本土(アテネ)を目指す。



日程で行ったら断然夜行バスのほうが短期間で移動できる。
ってことは、宿泊日もかからないからお金の節約にもなる!


けどさぁ~



イスタンブール、もう行きたくない。。。


人多いし、あんまりいい思い出ないし。
(-_-;)



ただ、トルコからギリシャに渡る船に関してはほとんど情報が無い。。。
トルコ滞在中にいろんな旅人にガイドブックを見せてもらったから、トルコから近いギリシャの島に行けるという情報は持ってた。

けど、その島から本土に行けるのか不明。。。


国内の島なんだから、本土に行けないなんてことまず無いよねぇ~。

ただ本土行きの船がいつ出るのかとか、宿情報とか全く島についての情報が乏しい。

う~ん。。。でも島に行きたい。



やっぱりギリシャって言ったら「島」でしょう☆



そんなことをある日本人バックパッカーと話してたら、その彼がギリシャのガイドブックをくれました!!!
(それとお菓子と顔パックと日本製のトイレットペーパー☆)


マジで感謝!!!


これで島行き決定☆

まずパムッカレからイズミルというトルコ第3の都市に行き、そこで海沿いの町チェシメ行きのバスに乗り換え。

チェシメからはフェリーに乗って、ギリシャの島「ヒオス島」へ!!!


フェリーは午後6時発ってことで、午後4時にはチェシメに到着。

するとすでにフェリーが待っていた☆


ALEX1



ウヒョ~でかい☆

そして乗り込もうとしたら、


「君たちのフェリーはそれじゃないよ。」


・・・へっ???違うの?



そして待つこと1時間45分(午後5時45分)。


来ました!ウチらのフェリー!





ALEX2








だよね。笑


そして36か国目のトルコとお別れ。



ALEX11





ALEX3
どんどんトルコが離れていくよ~。




ALEX5
日も傾いてきた。



そういえばここの海、めちゃくちゃ青い!!!



ALEX4




ってここは「エーゲ海」!!


超地元ネタなんだけど、エーゲ海っていう名前のホテルがとある高速道路のインターチェンジ近くにあって、
(場所的にどんなホテルだか察しが付くと思うけど。)

そのホテルのCMがこれまた地元のAMラジオで流れてて(それもすごくない?!)、エコーのかかった女の人の声で



「ホテル エーゲ海」


って言うのをすごく覚えてる。



そういえば栃木出身の漫才コンビもこのホテルをネタにしてたよね~。



そんなエーゲ海を横切ってついに




37か国目 ギリシャ突入~!!!!



ALEX6




ALEX12




早速ガイドブックに載っている安宿へ。


って、ドアが閉まってるし何の反応もない。。。


ちなみに、ツーリストインフォに行ったけど、午後3時までだった(>_<)



どうしよう~。安宿がどこにあるか全くわからん。



って考えながらガイドブックに目をむけると、地図に1軒ホテルの名前が書かれてる。


とりあえずそこに行ってみよう。



ALEX14


「ROOMS ALEX」




ブザーを押す。



ガチャ。



「ハローハロー!」

おじさんが出てきた。



泊まりたい旨と値段を聞いてみると、部屋も空いてるし値段も妥当だったので宿泊決定!



そしてウチらが日本人と分かるや否や、おじさんが嬉しそうに、



「ジャパン、イチバン!!」


お~日本語知ってるのね、おじさん。


ま、日本語をちょこっと話す人にはたくさん会ってきたし、宿のオーナーならなおさらでしょう。


なんて思ってたら、おじさんが話し始める。



おじさん(ALEX)は昔船乗りで、19歳の時、初めての航海の行き先が日本だったんだって。
そして福岡とか神戸とか浦賀とか自分の行った港の名前を覚えてた。

残念ながら海無し県の栃木は知らなかったけど(T_T)


そしてちょうどALEXが日本に出入りしてた時が、第二次世界大戦敗戦後の日本。

アレックス曰く、


「あの時の日本人は24時間ほとんど働いてた。本当に不眠不休で。あんなに働いてた国民を私は見たことが無い。」


そして、話してるうちにいろいろ当時の出来事を思い出したらしく本当に嬉しそうだった。

いきなり「ブルーライト横浜知ってるか?」とか、ウチらの知らない日本の歌を歌いだしたり。



ホント、おしゃべりが大好きなALEXおじさん。
そして釣りも大好きで、釣りの話をし始めると止まらない。。。


そんなALEXおじさんのいる宿。居心地はめちゃくちゃ良くてすごくオススメ



したいんだけど・・・・・




南京虫がおりました。
(>_<)




でも、出た部屋は1部屋だけでその他の部屋は大丈夫だったよ!!!!!

ウチらもすぐに気付いて部屋を変えてもらいました。


ALEX7
この部屋は大丈夫!




ALEX9
テラス



ALEX10





テラスからは海も見えるよ!!

ALEX8





そしてこの人がALEX


ALEX13



昨日、槍で射止めた魚を自慢してました☆



本当にやさしいおじさんだし日本大好きだから会いに行くだけでもいいかもね。


●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
プチ旅情報
【レート】
1EUR(ユーロ)≒110円

【ヒオス島安宿情報】

宿名 :ROOMS ALEX(ルームス アレックス)

部屋 :ツインまたはダブル(トイレ・シャワー付き)

価格 :30EUR/部屋

アクセス:フェリー乗り場から港沿いを歩いて500mくらい。

設備 :WIFIフリー。朝コーヒー付き。

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○


written by さや



ヤーサス!(こんにちは!のギリシャ語)

南京虫さえ出なかったらすごくオススメしたいんだけど。。。

ワタシは被害無しでカズが数カ所刺されてしまいました。
まじで痒そう(>_<)

アイツだけは本当に勘弁ですっ!



いつもブログを読んでくれてエフハリスト(ありがとう)!

これからもポレポレ旅に1日1クリックをお願いします♪

↓のマークをポチってしてくれるとポイントゲット~!!
で、順位が伸びるのでみなさんの力を貸して下さい m(__)m


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

テーマ:世界一周 - ジャンル:旅行

  1. 2012/05/15(火) 07:11:32|
  2. ギリシャ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。