RAINBOW

栃木出身の夫婦が世界一周の旅を通して感じたことや体験したことを日記や写真で紹介

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

休養日4日間と、1日アマルフィ観光。そして・・・


楽しみにしていたポンペイ観光のダメージを引きずりながら、ナポリをあとにして

向かうはイタリア最終滞在都市。

いや、町。

いやいや、村かな。



ナポリからバスで1時間程、山の中を走り、

アジェロラという村にやってきました。




さて、どこか?



僕たちもあまり分かりません!笑


日本で公開された映画でも有名な、アマルフィに近い村です。

本当はアマルフィに行きたかったんだけど、滞在費が高いから行けず・・・





そんなアジェロラ。

今までの観光都市とは違い、時間の流れがゆ~っくりしてて心地いい♪

ここで僕らは次の移動日まで休養をとります!

最近、物価が高くて観光しては次の都市の繰り返しで、ちょっとお疲れ気味なもので。。。







1泊13EUR(1人)ドミトリー、キッチン付!

宿泊した宿はキャンプサイトも併設。

そして、僕らを迎えてくれたのは、、、


アマルフィ・19


眉毛の犬で、


眉ゲンさん。(って名付けた。)




この眉ゲンさん、マジでかわいすぎ♪


この子のおかげで心が癒された~。





だってね、

僕らを見つけると、遠くから、

アマルフィ・17




アマルフィ・18





近づいてきて、





「ハイッ。」

アマルフィ・16

って、横たわる!笑

足短いね~


お腹をコチョコチョしてもらうのが大好きな眉ゲン♪

少しだけ足が悪いみたいで、ぎこちない歩き方をするんだけど、とっても愛らしい。



暇な時はこの子と遊んでました!










近くには小さい公園があるので、太陽に当りながらブログ書いたり、

アマルフィ・1








変なポーズしてみたり、

アマルフィ・4







ちょっと、花の写真撮りに行ったり、

アマルフィ・3


アマルフィ・22


アマルフィ・21








また、眉ゲンと遊んだり、、、

アマルフィ・20






村自体には見どころは無いので、基本的にリラックスして、村に流れるスローな時間を楽しんでました♪

アマルフィ・2














でも、せっかくアマルフィの近くに滞在しているので1日だけアマルフィ観光に。


アジェロラから遥か下界にある海岸・・・

アマルフィ・23




階段を歩いて下っていきます!


山の斜面に沿った階段を1段ずつ、、、


アマルフィ・8



アマルフィ・7



アマルフィ・24

けっこう、下るのしんどい。





この辺はレモンが特産品らしく、レモン畑もたくさん。

アマルフィ・5


アマルフィ・6









約1時間半かけて、アマルフィに到着!

アマルフィ・9



アマルフィ・25

看板は4か国語!





街の中は、

アマルフィ・13

青い旗はアマルフィのマーク。





お土産はもちろん、

アマルフィ・14
レモンの画


アマルフィ・27
レモンの石けん。


アマルフィ・28
レモンのリキュール。



アマルフィ・26
でっかい生レモン!笑











そして、街の教会。

アマルフィ・10


ここで、結婚式を挙げてました!

アマルフィ・11



アマルフィ・12

家庭が楽しくなりそうな奥様だね♪






2人の幸せをわけてもらい、元気をだして階段を登って帰ろ・・・



いや、バスで戻ろう!笑



帰りはバスに乗りウトウトしながら、アジェロラに戻りました。

アマルフィ・15

世界遺産のアマルフィ海岸



















で、




ゆっくりと休養をとった僕らが次に向かうは、、、



アマルフィ・29

空港!!!






アマルフィ・30

新聞敷いて場所確保!

空港泊です!!!








久しぶりの飛行機で大陸移動しま~す!




グラッツェ!イタ~リア!!!







written by カズ


●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
プチ旅情報
【レート】
1EUR≒110円


【アジェロラ安宿情報】

宿名 :Beaea Solitudo

部屋 :8人ドミトリー(トイレ・シャワー共同)

価格 :13EUR/人

アクセス:ナポリ中央駅南側のフェラーリ通りの乗り場から、アジェロラ行きのバスに乗り約1時間。アジェロラ中心の広場が最終地点。降りて目の前。

アドレス:Beata Solitudo, Piazza G Avitabile, 10, Agerola, Amalfi Coast, Italy

設備 :WIFIフリー。キッチン有り。キャンプサイト併設。

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○


いつもありがとうございます!

世界一周ブログランキング参加中☆
↓のマークをポチってしてくれるとポイントゲット!
で、順位が伸びるのでみなさんの力を貸して下さい m(__)m


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:世界一周 - ジャンル:旅行

  1. 2012/06/05(火) 19:19:00|
  2. イタリア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

嗚呼、残念ポンペイ遺跡・・・


現在、特別企画開催中~♪
ウチらを以前から知っている方も、このブログで知って下さった方もどんどんお手紙送って下さいねぇ~☆

もちろん、絵葉書などでも構いません!
誹謗中傷以外ならどんなお言葉でも!

メッセージなし、住所とお名前だけっていうのもアリです!!

詳しくはコチラをご覧ください↓

http://rainbooow2011.blog79.fc2.com/blog-entry-321.html



そしてそして・・・


ホームページの「PHOTOS」に東欧第3弾の写真をアップしました!!
ぜひご覧ください★


↓ここをクリック!
RAINBOW-夫婦ポレポレ世界一周の旅-




**************


ワタシがイタリアで一番楽しみにしていた場所、それがポンペイ!


紀元後79年8月24日の火山の噴火により、一夜にして火山灰に埋もれてしまった都市。
16世紀にその存在が発見され、18世紀に発掘作業が行われ始めると当時の技術の高さが明らかになっていった。

そして火山灰で埋もれてしまったある場所が長い年月を得て空洞に。
そこに石膏を流すことで当時の様子を再現した。


そこに現れたのは、人々が死を覚悟した最期の瞬間だった・・・。


このポンペイ遺跡をテレビで見た時に、





しびれました。ワタシ。





だから世界一周を決めた時に、この場所はワタシの中での絶対行きたい場所ランキングの上位入賞してた。


観光前日はかなりウキウキ☆
ナポリは天気が良かったし、明日も晴天間違いなしっ!!!



・・・・って



当日、雨!!!
(T_T)





ま、雨っていっても傘ささなくても大丈夫かな?っていうくらいだし、ポンペイに行ったらもしかしたら晴れてるかも♪




・・・・って



ポンペイ、大雨!!!
(>_<)



ポンペイ1





しかも、


ワタシ傘忘れたぁ~!!!!




カズの折り畳み傘一本のみ。。。


うぅ、こんなときに限って忘れるなんて。
(;′Д`)





でももう来ちゃったし、観光してるうちに晴れるかも・・・しれ・・・ないし・・・



とりあえず、遺跡に入場。



カズは雨が降ると写真を撮り気が失せるらしく、一眼レフださずに黙々と観光。

なので今回はワタシがカメラマン!(ただしデジカメで)


ポンペイ16


それでは早速入場!!



まず入場して最初にあるのが大聖堂

ポンペイ2


思っていたよりも柱がちゃんと立っていたのでビックリ!


火山灰に埋もれていたからなのか、修復作業がすごいのかわかんないけど、本当に時が止まってるかのような街並みにかなり驚いた!



ポンペイ10
壁に残されてる画



ポンペイ15
当時のままの彫刻



ポンペイ12
台所なんて、約1900年前のものだとは思えない!!



ここには劇場や闘技場も。


ポンペイ14





ポンペイ13




すごいことに当時のポンペイの登記簿が残っていたらしく、なんとなんと売春宿などもあったんだとか!
(゜o゜)


もちろん、大浴場などもあったんだよ~。




ポンペイ8





ポンペイ9




ポンペイ7



ポンペイ3



建物とか彫刻とか当時使っていた生活用品とか、風化せずに残ってたのが奇跡!



ほんとはもっともっといろいろまわって観光したかったんだけど、


もうビックリするくらい大雨で。




ポンペイ11
みんな雨宿り。



まじで意気消沈。チーン。
(-_-;)



そして一番見たかった人々の石膏型はというと・・・


ありました!!!


ポンペイ4





ポンペイ6





ポンペイ5




いやぁ、彫刻では造れない生の人の姿って訴えるものがあるね。




最後までなんとか自分を奮い立たせて頑張ったんだけど、雨はひどくなる一方だし寒いし。。。


約2時間の滞在が限界でした。
(ToT)/~~~



最近、ウチらが前々から行きたいって言ってた場所での観光がことごとく失敗してる気がする。。。

まぁ、毎回晴れるっていうことも無いのは分かってるんだけどさっ!


名所と呼ばれるところに来たら、たいてい300枚くらい写真撮るんだけど、今回は70枚程度。

楽しみにしてただけに、かなり後悔の残る場所になっちゃったよぉ~。




泣く泣くポンペイを後にしてナポリに戻ってきたら、


晴れたしっ!
Σ(゜Д゜|||)



なんでこうなるのぉ~!!!
(>_<)


written by さや



こういう時って、

「普段の行いが悪いのかなぁ?」

って思っちゃうのは私だけでしょうか?


いつもブログを読んでくれてグラッツェ!(ありがとう)

これからもポレポレ旅に1日1クリックをお願いします♪

↓のマークをポチってしてくれるとポイントゲット!
で、順位が伸びるのでみなさんの力を貸して下さい m(__)m


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

テーマ:世界一周 - ジャンル:旅行

  1. 2012/06/03(日) 19:16:29|
  2. イタリア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

PIZZAに始まりPIZZAで終わる、ナポリ歩き♪


見どころが多かったローマを後にして向かうは、、、


ナポリ~






ローマに比べ、グッと物価が下がり想定内の料金に下がってきました。






さて、ここナポリ。

ナポリと言えば、PIZZA。

PIZZAといえば、ナポリ。


世界中のどこでも食べられているであろう”PIZZA”の発祥地!


イタリア国内で食べるPIZZAが、すでにウマいのだが、

ここナポリのPIZZAはそれを遥かに超えてくるウマさだという。






ナポリに来た最大の理由も、もちろんPIZZAを堪能するため!






とりあえず、道端で売っている安いPIZZAを食べてみる。




確かにウマい!


けど、他の都市で食べたのとそう変わりはない感じ。

(一発目のPIZZAでテンション上がって写真撮り忘れたけどね。笑)

やっぱり、作り置きのPIZZAじゃだめか~











じゃ、レストランで窯焼きのPIZZAを食べてみよう!

ナポリ・25


ナポリ・12

来ました、マルゲリータ!

そのお味は・・・




ん~~~!!!ウマい!!!

トマトソースが、そのままのトマトって感じで、モッツァレラチーズの歯ごたえも絶妙で最高!

やっぱ、焼きたては違うよね~!!!



もう一回ぐらい食べておきたいなぁ。

でも、レストランで食べると、税金とサービス料取られて高いんだよね・・・

















と、ナポリの観光も。


まずはドォーモ。

ナポリ・1


ナポリ・2


賛美歌が歌われとってもいい雰囲気。

そ-いえば今日は日曜だ。

ちょうどミサの時間。

ナポリ・3


ナポリ・4


生の歌声は、優しく心に入ってきて、とてもリラックスできる。

この教会、中に入った瞬間、なんか自分にしっくりきて居心地が本当に良かったんだよね。

内部の装飾も気に入って、けっこう長い時間居座ってた。

ナポリ・5


ナポリ・6
天井一面に描かれたフレスコ画


ナポリ・7
彫刻もたくさん
















次も教会。

ナポリ・8



ナポリ・9

ここは天井の木がむき出しになってて、装飾豪華な教会とはまた違った雰囲気。

これはこれで温かい。


側面に並ぶステンドグラス。

ナポリ・10


ここの教会は、さやのお気に入り。

「豪華すぎると、どこを見ていいか分からないから、シンプルな教会が好き。」

だそうです。














また教会ね。

ナポリ・11

ボコボコと突起があり、一風変わった外観。




中は、、、

ミサ中で入口までしか入れませんでした。




最近はどこの町に行ってもそうなんだけど、

至る所に大小たくさんの教会がある。

ナポリもそう。

特にナポリは、狭い路地に次から次に教会が建っていたから印象に残ったなぁ。

見学は基本的に無料だしね!

















散策を続けていると、

長~~~~~~~い、ハマー登場。


ナポリ・13

こんな長くする意味はあるのかね?

そして誰が乗ってらっしゃるんだい???




なんて思いながら、他の場所へ歩いていたら、、、


またも





長~~~~~~~い、ハマー。再登場!笑

ナポリ・14






すると、中から人が出てきた。



ナポリ・30


かわいい女の子♪

写真撮影中です。

お金持ちの家に生まれて羨ましい~



この子のお父さん、足が短かったけどね!笑













コチラは、サンタ・ルチア港に建つ卵城。

ナポリ・16

なんでタマゴ?



あの民謡サンタ・ルチアはこの地域のことなんだって!



♪サンタ~ァ ル~チ~ア~♪






港沿いには、ナポリっ子お気に入りの散歩道。

ナポリ・15


ナポリ・17

日曜日だからか、家族連れがたくさん。

みんな、オサレでした。























そして、そして、ナポリを出発する日。

出発の直前、最後にもう一回PIZZAをという事で、

今度はナポリ市内の老舗レストランへ!

ナポリ・18


ナポリ・19

ダ・ミケーレっていうレストラン♪

130年間変わらぬ作り方で、メニューはマルゲリータとマリナーラの2種類のみ!

店内はお客さんがいっぱい。



さっそく注文し、、、待つこと15分ほど、、、




ジャン!

ナポリ・22

マルゲリ~タ!





ジャン!ジャン!

ナポリ・20

ダブルモッツァレラ・マルゲリ~タ!


もう、皿からはみ出しすぎ!!!

このサイズで5EURだからね!


普通のサイズだって、

ナポリ・21

このサイズ!






では、早速いっただっきま~~~す!


ナポリ・27



「うんま~~~~~!!!!!」


「こりゃたまらん!!!」


「こりゃぁ、絶品!!!」


「まいったな。」



生地がめちゃ薄いから、この大きさでもペロリと食べられる。




いや~、ジュリアロバーツも絶賛です!

ナポリ・26




ナポリのPIZZAは是非、ダ・ミケーレへ☆

歩き方にも載ってるよ~。

ナポリ・28








●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
プチ旅情報
【レート】
1EUR≒110円


【ナポリ安宿情報】

宿名 :Welcome Inn(ウェルカム・イン)

部屋 :7人ドミトリー(トイレ・シャワー室内)

価格 :16EUR/人

アクセス:中央駅から地下鉄2線に乗り、Cavour(カヴール駅)で下車。地下の歩道で結ばれているMuseo(ムゼオ駅)まで歩き、地上に出て徒歩3分。

アドレス:Via Santa Teresa degli Scalzi, 8, Naples, Italy

設備 :WIFIフリー。朝食付き。キッチン有り。毎週土曜日はパスタパーティー。本場のパスタが無料で配られます。

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○


いつもありがとうございます!

世界一周ブログランキング参加中☆
↓のマークをポチってしてくれるとポイントゲット!
で、順位が伸びるのでみなさんの力を貸して下さい m(__)m


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

テーマ:世界一周 - ジャンル:旅行

  1. 2012/06/01(金) 19:53:42|
  2. イタリア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ポレポレ夫婦的もろもローマ。

ローマの休日や天使と悪魔の舞台となったローマとヴァチカンですが、それ以外にも名所はかなりたくさんあります!!


今回はポレポレ夫婦が行った超有名な観光名所を紹介します☆


まず最初に向かうは、サン・ピエトロ・イン・ヴェリンコ教会


ここには、ミケランジェロの三大彫刻の一つ、「モーゼ像」が置かれています!


それがコチラ!


もろもローマ1




もっと近くで見ると・・・


もろもローマ2



すごい!血管まで浮き出てるし!


もろもローマ3


この布の滑らかな曲線!大理石とは思えない!

これはミケランジェロが23歳の時の作品なんだって!

素人のウチらでも、他の彫刻と見比べた時にミケランジェロの作品のすごさが分かっちゃうくらい彼の彫刻は綿密かつ繊細!!



この教会には他にも聖遺物と呼ばれるものが納められてる。


もろもローマ4



この鎖は、キリスト教が迫害されてた時代に聖ペテロが捕らえられた際繋がれてた鎖なんだって。

こういう物が今も大切に保管されてるのは面白いね。


こんな彫刻もあったよ。


もろもローマ5


天使なのか死神なのか。。。



この教会から徒歩10分のところにあるのが、ローマでも超有名な建物。


コロッセオ


もろもローマ6



人間同士の戦いや、人間VS猛獣の戦いが繰り広げられた場所です!




その隣にあるのが、


「コンスタンティヌス帝の凱旋門」




もろもローマ7




そこから歩くこと20分くらい?


「ヴィットリオ・エマヌエーレ2世記念堂」

もろもローマ8




もろもローマ9



ここの彫刻はとにかくデカい!!そして中央には二人の衛兵が立ってるんだけど、おしゃべりしたり動いたり。
衛兵の交代も3分くらいで終わっちゃって、今まで見た衛兵交代の中で一番簡素だった。

もろもローマ28


ただ、ここの彫刻はすごい迫力があって二人で何枚も写真撮っちゃったよ。


もろもローマ29




もろもローマ10




ワタシはローマには一度来たことがあって、その時にもう一度ローマに来れるようにお願いしたんだ。

なので今回もそのお願いをしにきました!


トレヴィの泉!!


もろもローマ11



コインを後ろ向きに投げて泉に入ればもう一度ローマを訪れられるらしい。

けど、泉めちゃくちゃ大きいから必ず入るけどね。笑

でもコインの枚数によって願い事が違うんだって!

1枚・・・もう一度ローマに来られますように。
2枚・・・大切な人と一生一緒にいられる、好きな人と結ばれますように。
3枚・・・今一緒にいる人と別れられますように?!


なんじゃそりゃ?!


ウチらはもちろん1セントと1枚ずつ投げましたよ☆

もろもローマ12




それではつづいてヴァチカン市国へ!


もろもローマ13
ヴァチカン博物館の入口じゃなくて出口。


もろもローマ14


至る所にあったこのマーク。これはヴァチカンのマークかな?
それともローマンカトリックのかな?


まずは歴代の教皇の収集品が見られる博物館へ!


もろもローマ15
中央広場にあったんだけど、これって松ぼっくり?


ここにはかなりの数の彫刻が

もろもローマ16




もろもローマ17
こんな顔の漫画なかったっけ?




もろもローマ18
お風呂


この展示品の中でウチらの興味を一番そそられたのは、動物の彫刻!!
人間の彫刻は色んな博物館でいろいろ見られるけど、こんなにたくさんの動物の彫刻を見たのはココだけ!


もろもローマ19


デカっ!!らくだ!!



もろもローマ20
トリやらイノシシやらサルやら。



もろもローマ21
この彫刻だって珍しいよね。



博物館とかに来るとみんな上ばっかり向いて歩いちゃうけど、実は床もスゴイことに!


もろもローマ22


モザイク!一つ一つのピースが小さくてスゴイ。こんなのが幾つもあるんだよ!



この博物館の中には、エジプトをテーマにしたフロアがあって、ウチらは「エジプト行ったしぃ☆」みたいな感じでササッとスルーしようとしたら、
こんなの発見しちゃいました!


もろもローマ23



エジプトとローマの融合!
エジプトの神がローマっぽい衣装を着てる!

なんか・・・変。


そして博物館には収集品以外にも有名な壁画が数多くあります!!


例えばこれ!


もろもローマ26


アテネの学堂。byラファエロ



これ美術とか歴史の授業の時に見たことあるよね。
こんなところにあったんだぁ、って感動しました!

そしてこれを描いたラファエロって言う人は、あのパンテオンも設計してるしかなりすごい人なんだね。

ウチらはミケランジェロとかダヴィンチとかくらいしか知らなかったけど、ラファエロさんもかなり有名な絵画とか建物とか残してるんだねぇ~。


ちなみに、このラファエロさん。
アテネの学堂の画の中に自画像を残してるそうな!


もろもローマ27


浅黒い顔の人。これがラファエロさん。


この壁画の他にも3部屋分の壁画を25歳から37歳の間に描き続けてて、ここはラファエロの間と呼ばれてます。
そして37歳で亡くなってしまったので、描ききれなかったところは弟子たちが完成させてんだって。


もろもローマ24




もろもローマ25




そしてそして、ヴァチカン博物館での最大の見どころと言えばなんてったって、


システィーナ礼拝堂



でしょう。



ここには誰もが知っている壁画、「最後の審判」byミケランジェロがありんす!

実際自分の目で見て、色彩の美しさと雄々しさに大変感動いたしました!


でも残念ながら写真撮影禁止!!


なのでミケランジェロの彫刻作品をもうひとつ!


システィーナ礼拝堂の隣、サン・ピエトロ寺院内にある大理石像「ピエタ」



もろもローマ30




これも教科書で見たことあるよね!

キリストを抱きかかえているマリアの像です!!

ココの前はかなりの人だかり&ガラスが目の前にあるので細かい所までは見れなかったけど、やっぱり衣服のシワの表現が素晴らしかった!


もろもローマ31


これがなんとミケランジェロ25歳の時の作品!

才能ある人って、スゴイねぇ・・・。



ローマは一日にして成らず

全ての道はローマに通ず

In Rome, Do as Romans Do (郷に入れば郷に従え)



などなど、ローマの凄さを表現する言葉はたくさんある。
それを裏付けるかのように、違う年代の有名な建築物や芸術が至る所で見られてるから数日じゃ見きれません!

教科書とかテレビとかで見ていたものを実際に見て、「お!ここにこれあったんだ!」なんて発見もたくさんあったからかなり感動したよ☆


いやぁ、もうちょっといたかったなぁ・・・・。


物価が安かったら。
(;一_一)


written by さや



チャオ!!(こんにちは byイタリア語)


いつもブログを読んでくれてグラッツェ!(ありがとう)

これからもポレポレ旅に1日1クリックをお願いします♪

↓のマークをポチってしてくれるとポイントゲット!
で、順位が伸びるのでみなさんの力を貸して下さい m(__)m


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

テーマ:世界一周 - ジャンル:旅行

  1. 2012/05/31(木) 19:24:10|
  2. イタリア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ラングドン教授になりきり『天使と悪魔』!


王女になりきった後は、学者になりきってみましょう!


ローマ散策、今回のテーマは『天使と悪魔』

『ダヴィンチ・コード』の著者であるダン・ブラウンの作品で、ローマンカトリック(キリスト教の一宗派)と謎多き宗派「イルミナティ」が舞台の本です。

世界のナゾとか宗教のナゾとか大大大好きなさやは、ローマの休日よりこっちのほうが実は楽しみでした☆


『天使と悪魔』のあらすじは、書き始めるとかなり時間がかかるので割愛!
知りたい人は検索すればいっぱい出てくると思うよ☆

むしろDVD借りてきて見ちゃったほうが分かりやすいかも。


まずは、ラングドン教授が第一の殺人が行われると推測したアノ場所へ!!
(キーワードは土)


パンテノン!!!

天使と悪魔・4



あのミケランジェロが「天使の設計」と大絶賛した建物で、ラファエロがせっけいした建築。



中に入ってみると、


天使と悪魔・5


観光客が多っ!!




そして天井を見上げると・・・


天使と悪魔・6



!!!!



外からの光がキレイ☆


ここの光源はこの天井の穴から差し込む光のみ!!!
だけどめちゃくちゃ明るいのです。


天使と悪魔・7


ここには設計者ラファエロのお墓があります。




天使と悪魔・8


そしてその上部には、ラファエロの遺言で聖母子像が飾られてる。



ラングドン教授は、ラファエロのお墓があるココが第一の殺害現場だと推測。


だけどここは殺害現場じゃなかったんだよねー!!!
(;゜O゜)


本当の殺害現場は、




サンタ・マリア・デル・ポポロ教会!!



天使と悪魔・21



天使と悪魔・20




天使と悪魔・18




映画では工事中になってたんだよね~。



それではいざ潜入!!!




って・・・・


Σ(゜Д゜|||)


ガーン!!!!!!




シマッテマス。。



残念ながら中に入れずぅ~。









仕方がないので、次の殺害現場へ。
(キーワードは空気)
続いては、


サン・ピエトロ広場



天使と悪魔・10

ヴァチカンにあるサン・ピエトロ寺院の前の大広場です!!


ここに立ってるオベリスクの周りにあるのが



天使と悪魔・17



この「空気」を表す絵!



そしてこの絵の中心に建っているオベリスクの下で第二の殺害が起こってしまったわけです!!!


天使と悪魔・16




本も映画も見てるウチらにとってはまさにドキドキワクワクの観光っす!!



そして第3の犯行予定現場へ!!!
(キーワードは火)

サンタ・マリア・デッラ・ヴィトリア教会

天使と悪魔・26


残念ながら外壁は工事中。。。


天使と悪魔・25



しかし中に入ると・・・



天使と悪魔・23


小さいながらもとても豪華!

天使と悪魔・22




映画の中では、ここに到着した時まさに殺害が行われてた!!
そして犯人もここに!!!

しかし結局被害者を助ける事は出来ず・・・。


天使と悪魔・24


これが第4の殺害が行われる方向を示している像。

天使が持つ矢が向いてる先には・・・


ナヴォーナ広場
(キーワードは水)

天使と悪魔・1




天使と悪魔・2




そしてオベリスクの頂上にはあのハトの銅像も!!

天使と悪魔・27



犯行が行われる前に到着したラングドン教授は、見事4番目の被害者を救い出すことに成功しました!


普段のナヴォーナ広場は大道芸人がいたりアーティストが絵画を売っていたりでとてもアーティスティック☆


天使と悪魔・3



広場のまわりにはオープンカフェがあるのでちょっとくつろぐにはいいかも☆



さてさて、映画のクライマックスであり一番重要な場所。


それが



サン・ピエトロ寺院!!!!

天使と悪魔・11


映画では、ここであんなことやまさかのこんなことが繰り広げられるのです!!!!


天使と悪魔・13



天使と悪魔・12キリストを中心に使徒が並んでおります!!


そして中に入ってみると、

天使と悪魔・14



天使と悪魔・15



全てが美しい。。。
何時間でもいられるくらい見応え十分!


そしてその中央に位置する主祭壇


天使と悪魔・19



そしてその手前にあるのが地下へと続く階段!!


天使と悪魔・28



そこには歴代の教皇が葬られていたり、映画では・・・



おっと!これ以上は言えません!
♪-----0(≧▽≦)0-----♪


映画を見たのがかなり前だったからなんとかネットで復習して行ったけど、
そういう謎解きみたいな感覚で行ったから面白かったし、それ以上に見るものすべてが美しい!
ローマはちょっとした街角でも彫刻とかすごいので、アート好きな人とか宗教芸術が好きな人はホント楽しいんだろうな。


いかがだったでしょうか?


映画を見たことの無い人はぜひ一度見てみてください!

見た事ある人も無い人もローマに来たくなること間違いなしっ!


written by さや



ボンジョールノ!!(こんにちは byイタリア語)


いつもブログを読んでくれてグラッツェ!(ありがとう)

これからもポレポレ旅に1日1クリックをお願いします♪

↓のマークをポチってしてくれるとポイントゲット!
で、順位が伸びるのでみなさんの力を貸して下さい m(__)m


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

テーマ:世界一周 - ジャンル:旅行

  1. 2012/05/30(水) 19:34:24|
  2. イタリア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。