RAINBOW

栃木出身の夫婦が世界一周の旅を通して感じたことや体験したことを日記や写真で紹介

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ランチ男子

前回のブログに書いてあるとおり、カズは3月11日の地震発生以来自宅待機の日々を送っている。

また、自宅待機という会社からの通達がある以上、やはりあまり外に遊びに行くのも気が引けるらしく
今まで全然できていなかったホームページの作成を朝から晩までやっている。

(実際私が去年の12月に退職しているので、私自身はホームページの作成に費やす時間はたくさんあったのに
この性格おかげで1日で3時間以上作成を進めると達成感が生まれてしまい、
その後1週間は手を付けないという状況が続いたため本当にまったくできていなかった。。。)


そんなカズの現在唯一の楽しみになっているのがランチである。
それは私の作ったランチでも私と行くランチでもなく、男同士で行くランチなのだ。

ことの発端は会社の先輩からの情報交換という名でのランチだった。
確かに地震直後は安否確認のために集まって家族や会社の状況を話すのはわかる。
また、お酒を飲むこともはばかられるしランチのほうが安上がりだし。

ただそれ以降、週に一回はそのランチミーティングが開催されている。



私にとって“男性”と“ランチ”があまり結びつかない言葉だからか

「明日みんなとランチしてくる」

なんて言われると、カズが主婦みたいで笑えてくる。


それにもし私がお店の店員さんだったら、

「なんで平日のお昼に、明らかに春休みでもこれから新入社員でもなさそうな私服の男4人が
 ランチしてるんだろう??」

と、何の集団かを妄想していると思う。


しかもカズはそれにとどまらず、会社の後輩や学生時代からの友達ともランチをするようになった。


退職後にいろんな人に連絡をして週に何回もランチに行っていた私に

「ねぇ、そんなにみんなとランチしなくてもいいじゃん!そんなに話すこといっぱいあるの?」

と言っていたカズも、今では

「なんか主婦の人が定期的にランチする理由が何となくわかる気がする」って☆


スポンサーサイト
  1. 2011/03/28(月) 21:39:50|
  2. 日本
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。