RAINBOW

栃木出身の夫婦が世界一周の旅を通して感じたことや体験したことを日記や写真で紹介

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

シンデレラ城の知られざる裏側

※お知らせ
 
ホームページの「PHOTOS」にブラジルの写真をアップしました!!
ぜひご覧ください★

↓ここをクリック!
RAINBOW-夫婦ポレポレ世界一周の旅-




ソーセージとビールを毎日って・・・・





ぜんっぜん飽きない!!!
♪(´ε`)





最近顔のむくみがとれず自分の顔がスノーボール(前回の日記参照)みたいになってる、さやです。




日本からの使者たちとの豪華旅行もいよいよ終わりに近づいてきました!!


最後にみんなで向かった町は・・・




フュッセン1



フュッセン!



ここはドイツでも南端の町でオーストリアの国境が近かったり、アルプス山脈のふもとでもあります!


到着した日はフュッセンの町を散策!


フュッセン5


やっぱりカワイイ街並み☆


フュッセン6
フュッセンにあるホーエス城



外壁の画が美しいシュピタール教会

フュッセン7



そしてフュッセンの町中を流れるレヒ川の水のきれいなこと☆



フュッセン8


ヒスイ色の川!!アルプスからの雪解け水かな??



奥にはアルプス山脈も!!


フュッセン10



って写真を撮りまくって後ろを振り返ったら・・・





Σ(゜Д゜)




!!!!!!!





フュッセン9




うひょ~~~~~~~☆☆☆
♪-----0(≧▽≦)0-----♪




キャワイイ!!!!





この子まだヨチヨチ歩きなのに、もう母性が芽生えてるのね。




フュッセン24




ここフュッセンはロマンチック街道の終点でもあります。


フュッセン11



これはある教会に描かれている「ロマンチック街道終点」という文字。




そしてびっくりしたのがこの看板!



フュッセン2


「ロマンチック街道」・・・・


日本語です。



英語じゃなくて、日本語。


遠く離れたアジアの、しかも1億数千万人しか話していない言語がここドイツの看板に書かれているとは!


それだけ日本人がこの町を訪れているってことだね。
っていうか、どの町に行っても日本語のパンフレットが置いてある事にビックリした。


そしてそして次の日・・・・


今日はフュッセンからバスで約10分のところにある、あるお城に行ってきます!!!



フュッセン3
この標識にヒントがっ!!!




フュッセン12


そのお城に馬車で行ったらステキだね☆



ここには今から行くお城の他に、もうひとつ有名なお城があります。


ホーエンシュヴァンガウ城!!!


フュッセン13


パステルカラーのカワイイお城☆


そしてついに来ました!!!!


日本でも超有名なあのお城へ!!!




それはココ!



ジャーン☆






フュッセン14




ノイシュヴァンシュタイン城!!!



なぜ日本でも有名かって言うと、ここは



シンデレラ城のモデルになったお城なのです!!!
♪(´▽`)



フュッセン17



ただ、残念なことに・・・・




一部修復中!!!!


フュッセン15



しかも今日の天気は曇り。。。。



カズ、ガックリorz



それでも気合を入れていざ潜入!!!


入口!

フュッセン16



城内はツアーによる見学でもちろん撮影禁止。。。


ちなみにチケットにもお城の写真が。


フュッセン18



このアングルからの写真が一番シンデレラ城っぽいけど、残念ながらそこは断崖。
一般の人が行ける場所ではないみたい。。。


なので別アングルから・・・



フュッセン20



工事中だけどなんとなくそれっぽい?



そしてここからもベストショットが撮れます!


フュッセン4



橋の上!!


そこから撮った写真が・・・



フュッセン19




おぉ!!!カッコいい!


もちろんお城の中も絢爛豪華で、女子が夢見るお城がそのまま再現されてました♪

で、ひとつ気になったのがお城の中に飾られてる画だったり置物にはたくさんの白鳥が描かれていたこと。


なんでだろう?と思い、ツーリストインフォのおじさんに聞いてみると・・・



このお城が建っている町の名前が「Schwangau」。
日本語で言うと、


「白鳥の里」なんだって!


そしてお城の名前、ノイシュヴァンシュタイン城は

ノイ・・・ニュー=新しい
シュヴァン・・・スワン=白鳥

ってなことで、ここは「新しい白鳥の城」っていう意味らしい!


なぜ「ニュー」なのかというと、このお城が建てられる前にすでに廃墟になったお城があり、それが


「シュヴァンシュタイン城」


そこに新たに建てたお城だから「ノイシュヴァンシュタイン城」なんだって。


町には白鳥が飛来する湖もあり、ここに住み人達と白鳥とは切り離せない関係なんだとか。



めっちゃ勉強になりました!!ありがとうおじさん!!!


そのおじさんが「日本に帰ってそのことをみんなに説明しろ!!」って、お城のポスターを内緒でくれました☆


そんなステキなお城にはどんな素敵な王子様とお姫様が住んでたのか気になるでしょ?!
♪(´▽`)



そこには、ルートヴィヒ2世という美男子の王様が住んでたんだって☆★☆



ただ・・・・



ルートヴィヒ2世は「狂王」という異名を持ち、女性を嫌い、美青年を側近にして愛したんだとさ。。。
(;′Д`)


幼いころから読書家で、その本の世界にあこがれて美しいお城をいくつも建てたらしい。

そしてワーグナーのオペラをこよなく愛し、それにちなんだお城や壁画がいくつも残されていて、この「ノイシュヴァンシュタイン城」もワーグナーのオペラ「ローエングリーン」の白鳥伝説に関連した壁画がたくさんあったよ。


そして、だんだん現実から逸脱した行為が目立つようになって、ついに王様の座から追放されてしまう。

ルートヴィヒ2世は廃位になって逮捕された後、別のお城に移されたが、






翌日近くの湖で溺死しているところを発見された。。。




「ノイシュヴァンシュタイン城」はまだ完成しておらず、彼がここに住んだのもわずか172日間。


城主を失った未完成のお城には王様が座る玉座も置かれることはなかった。。。



とまぁ、ちょっとシンデレラ城のイメージとはかけ離れてしまったかな?
(・・;)





でも、外観しかり内装しかり、彼の美的センスとこのお城に対するあこがれは一目瞭然でホント美しかった☆

フュッセン25


~今日の一枚~

すっかり忘れてましたこのコーナー。
(@_@;)


このお菓子、日本でも知ってる人は多いハズ。


フュッセン22


HARIBO
ドイツのお菓子なんだね~。クマの形のグミが一番有名かな?


そしてこのお菓子が飾られていたのが・・・


フュッセン21


男の子の内臓。


ってか、


この子アジア人じゃないの?!
(ドイツなのに。。)

フュッセン23




written by さや



華麗な生活を送っている人たちもいろんな悩みを抱えているんだね。

ウチらは今後のルートを悩んでいます。。。


いつもブログを呼んでくれてダンケ シェーン!

これからもポレポレ旅に1日1クリックをお願いします♪

↓のマークをポチってしてくれるとポイントゲット~!!
で、順位が伸びるのでみなさんの力を貸して下さい m(__)m


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:世界一周 - ジャンル:旅行

  1. 2012/03/31(土) 21:19:42|
  2. ドイツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。