RAINBOW

栃木出身の夫婦が世界一周の旅を通して感じたことや体験したことを日記や写真で紹介

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

迷宮入り!?

ついにインド最後の町、バラナシへ。



ここはもうインド中のインド。

そう、ガンジス河沿いの町なのであります。


ガンジス河はヒンドゥー教徒にとって、とっても神聖で
毎日の沐浴はもちろん、生涯を終えたらガンジス河沿いの火葬場で火葬され
遺灰はそのままガンジス河に流されるのです。

だからインド各地から毎日遺体がここに運ばれ、
火葬場は24時間絶えることなく動き続ける。

ただ、人生を十分に生きていないとされる子供や、ヒンドゥー教の修行者たちは火葬されず
遺体に石を巻きつけて聖なるガンジス河に沈められるのだそう。

お墓を持たないヒンドゥー教徒にとってガンジス河は
まさに生と死をつかさどる聖なる河なのです。



そして、ガンジス河沿いは所狭しと建物が建っていてまさに迷路!!!


一度道をそれてしまうと自分がどこにいるのか分からなくなってしまう。。。



そして、路にはもちろんお牛様が。



バラナシ1






お牛様がいればもちろんう○ちもあちこちにあるし、それにたかるハエもめちゃくちゃいるし、
ゴミだってハンパなくこの狭い路に落ちているのです。


だから足の踏み場がナイ (>_<)


時には息をすることすら拒まれるような路を歩くことも。。。


そういえば、インドに来て


深呼吸してないなぁ
(・・;)



っていうかむしろ



なるべく呼吸しないようにしてるかも
(@_@;)




そんな迷宮の中に、通称「黄金寺院」と呼ばれるお寺があります。


ここはもともとヒンドゥー教寺院だったけど、たびたびイスラム教の攻撃を受けて
現在はイスラム教のモスクの一角にヒンドゥー教寺院がたたずんでる、といった感じ。

ただ、現在もヒンドゥー教とイスラム教の抗争が絶えないらしく、
寺院に入るには厳重なセキュリティーチェックが必要なのです。


そして、最近になってやっと外国人も入れるようになりました。

その場合は寺院の周りにある献花用の花を売っているお店で花を買い
そこに靴や荷物を預けます。
(パスポートだけは持っていきます)

そしてセキュリティーを通って寺院の前へ。

そこで別室の様な場所に行きパスポートを見せると
そこのお偉いさんに、


「あなたはヒンドゥーの神々を信じますか?」って聞かれます。



ウチらははじめ、宿の人に言われた通り、


「信じます。」って答えたんだけど、
(「信じない」っていうと入れてもらえないらしい)


その他にも、


「あなたはヒンドゥー教について何を知ってますか?」

とか、

「ヒンドゥー教の歴史を知ってますか?」

などなど真剣に質問されるうちに


そんな神聖な場所に、ウソをついてまで入るのはなんかなぁ(さやの気持ち)



と思い、


カズはカズで、


寺院としてガイドブックに載ってたから興味本位でやってきただけなのに、

ヒンドゥー教についてほとんど無知の自分が入る様な場所じゃない。

というか、入る気が失せたので、結局入りませんでした。。。







そんな黄金寺院まで続く道沿いにはお土産屋さんがたくさん!!!


バラナシ3
ここが入り口


バラナシ4




あんなものや


バラナシ7




こんなもの


バラナシ5




もちろんサリー屋さんとかアクセサリー屋さんも☆


バラナシ6




毎年100万人が巡礼に訪れるというこの町はまだまだ見どころがたくさんありそう。。。



バラナシ2


written by さや



やっとインド最後の町です。

これでインドともお別れ。

だけど、ネパール行きのバスが週3しかでてなくて、
もう1泊延泊決定(;_;)

そんなポレポレ旅に1日1クリックを♪

↓のマークをポチってしてくれるとポイントゲット~!!
で、順位が伸びるのでみなさんの力を貸して下さい m(__)m


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
  1. 2011/10/23(日) 21:27:11|
  2. インド
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://rainbooow2011.blog79.fc2.com/tb.php/149-cc742f8a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。