RAINBOW

栃木出身の夫婦が世界一周の旅を通して感じたことや体験したことを日記や写真で紹介

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アンナプルナトレッキング!~1・2日目~


現在筋肉痛で階段の上り下りがつらい~。。。


ポカラに戻ってきてやっぱり空気が全然違うことを実感しましたぁ。

インドからポカラに着いたときはほんっと空気がおいしいと思ったけど、
トレッキング中のほうが断然空気がおいしかったなぁ~
ヽ(^。^)ノ


ってなことで、昨日はダイジェストをお伝えしましたが、
今日はトレッキング前半をお伝えいたしま~す☆


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


第一日目:ポカラ(標高約900m)~ヒレ(標高約1600m)


10:00AM ツアー会社到着。

今回は3泊4日のトレッキング!
初心者のウチらはガイド(ポーター?)を雇って登ることにしました。
ガイドの名前は「ディペン」。年齢は聞いてないけど、
おそらくウチらより5歳は年下だと思われる。

それでも、ガイド経歴5年なんだってぇ~。


10:30AM 予定ではトレッキングスタート地点のゲートが10:30に開くから
その時間からトレッキング開始!なはずだったのに



まだ、ツアー会社。。。
(・・;)


しかも誰も動こうとしない。。。



ウチらは完全に「???」状態。




そしたら、別のスタッフが自転車で急いで戻ってきた。。



「いやぁ~、すごく混んでてさぁ」



なになに??




コレ↓


アンナプルナ28




これは、ネパールでトレッキングをする際に
ガイド等を雇って行うトレッキンググループなのか、
それとも完全に個人で行うトレッカーなのかを証明する


登録証。


ここにはパスポート情報の他にトレッキングの期間とか、
ルート、宿泊予定の場所も記入される。



ちなみにウチらはガイド有りなのでブルーのカード(一人$10)

完全個人の場合はグリーンのカード(一人$20)かかるっす。



そしてなんでそんなに混んでたかっていうと、
前日までインドもネパールもお祭りだったので、
その期間は公的機関がお休みだったみたい。

だから休み明けの今日は申請者がたくさんいてなかなか取れなかったらしい。。。



でもまぁゲットできたからこれでいざトレッキングへ!!!



11:00AM やっとツアー会社をしゅっぱーつ☆


目指すはトレッキングのスタート地点「ナヤプル」。
ただポカラからはちょっと遠いのでタクシーを利用することに。

だいたい30分くらいの距離かなぁ~。


と思ってたら、タクシー乗車後5分にタクシーが止まった。


ありゃ?なに??


ディペン「ウェイト 5ミニッツ」


って言って建物の中へ。。。



そしたらディペンがウチらの証明写真を持って何かを申請してる。。。



彼が何かしてくれてるからウチらはただ待つのみ。



アンナプルナ2

建物の外にて。歩く気マンマン☆



そして約40分後。


ディペン「OK!レッツゴー」



ようやく申請が終わったらしい。

何を申請してたのか聞いたら、



コレ↓


アンナプルナ25




アンナプルナエリアをトレッキングするための入山許可証。
(一人2000ルピー(約2000円))


ここも前日まで休みだったらしくかなりの申請者が今日来てるらしい。



12:00PM 結局ポカラ出発がこんな時間に。。。
トレッキングってもっと早朝から始めるもんだと思ってた。
(@_@;)



やっとタクシーもナヤプルへ向けて出発~。

地図上でみるとだいたい20kmくらい。


が、


30分たっても着かない。。。

あれれ?

そしたらだんだん山道をクネクネ~。
道はガタガタ~。


一体どこまで連れてく気?



・・・・



1時間後。


ディペン「着いたよ~。」



1:00PM やっとやっとナヤプルに到着ぅ~。


こんな時間からほんとにトレッキングするの???
今日の目的地には到着できるの??


ディペン「今日は出発が遅れたから目的地より手前の村に宿泊するよ。」



ふーん、なるほど。


ってことは、明日は予定よりもっと長い距離歩かないといけないのね。
(@_@;)



そして、トレッキングスタート!
天気は雲が多いけど青空も見えるし気温もかなり快適☆


アンナプルナ5

まずはナヤプルの村を通り過ぎます。


ナヤプルは幹線道路(?!)が通ってて、物資を運ぶトラックとかローカルバスがここに到着する。
だからトレッカーやこれから行くアンナプルナエリアに住んでる人たちが必ず来る場所。


1:15PM チェックポイントのビレサンティ到着。

アンナプルナ17


ここで、先ほど申請した入山許可証と登録証を提示してスタンプを押してもらう。

みたい。。。


全部ガイドのディペンがやってくれるからウチらはただボーっと待ってるだけ。


アンナプルナ6



これでやっとアンナプルナエリアのトレッキングがスタートしたってわけ。


あ、そうそう。

この人がウチらのガイド、ディペンです!


アンナプルナ18





アンナプルナ7


この橋は、トレッキングの出発点であり、到着点。
ここからサークル状に歩いてきます。
次にこの橋を見るのは3日後!!


ビレサンティを出発すると、まずは川沿いを歩く。


アンナプルナ8


川の水もかなりキレイ☆

東南アジアのメコン川は茶色かったし、
インドのガンジス河はちょっと言葉では表現できない。。。


とにかく透明な川の水を見るのは久しぶり♪


歩いてる道はこんな感じ。



アンナプルナ9


砂利道。。。
ちょっと想像と違うかなぁ
(^_^;)



川沿いにはだんだんこんな景色が広がってくる。



アンナプルナ10



棚田!!

日本じゃほとんど見かけなくなったけど、こっちは平地が少ないからこうやって斜面を利用してるんだね。。



2:00PM お昼休憩♪


歩いてまだ1時間しかたってないけど休憩。


っていうか歩く前からちょっとお腹すいてた。
(-_-;)


アンナプルナ19



お昼はフライドライスとフライドヌードル。

金額もポカラの2倍くらい!!!


やっぱり物資を運ぶのが大変だから値段も高いんだね。

これからもっと高くなるんだよなぁ~。。。


そして大切な飲み水ももちろん高いっ!!

ペットボトルの水はポカラの


4倍
(@_@;)


だからウチらはツアー会社のスタッフに言われてこんなの購入しました。


アンナプルナ27

水に入れるタブレット。
(30粒入り250ルピー(約250円))



詳細はあまりわかんないけど、これで「飲める水」になるらしい。

水は休憩ポイントとかゲストハウスでもらえばタダ!

もしトレッキング行く人がいたら絶対オススメです☆



そんなこんなでトレッキング再開!


4:00PM 本日の目的地、ヒレ到着!!


今日はかなり楽な道のりだったからまだまだ歩けたんだけど、
ディペンが

「初日はあんまり無理しちゃダメだよ~。」って。



まぁ、プロがそういうならそうだよね。



宿泊するゲストハウスは思ったよりもかなりキレイ☆

本当はホットシャワーも出るはずなんだけど、
ソーラーシステムでお湯をわかしてるらしく
たまにお湯も出ないらしい。。

今日がまさにその”たまに”の日。


だから、わざわざ沸かしたお湯をバケツに入れてくれました。
そして桶を使って体にかけるというなんとも古風なスタイルで体を洗ったよ。


8:00PM お休みなさ~い



第二日目:ヒレ(標高約1600m)~ゴレパニ(標高約2900m)



6:30AM おはよ~

7:00AM 朝食 パクパク

7:30AM チェックアウト&しゅっぱーつ



が!!!




お金が無い!!!!!!
(@_@;)




服装とか食料とかかなり気を付けたのに、


現金のことすっかり忘れてたぁー!


昨日の夕食代、今日の朝食代と宿泊代くらいしかない。


どうしよう。。。


ATMは?銀行は?




あるわけないよね。。。


ってことは、





ご飯ナシで野宿?!








死ぬね orz





早速ディペンに相談。。。



「もしUSドルもってるんなら、レートは悪いけど両替してくれると思うよ」



マジで!!!頼みます
(>_<)


「宿の人が両替してくれるって!」



おぉ~!!!ありがとう☆



ポカラに比べたらレートは悪いけど、
そんなこと言ってられないしっ!



ってなことで、ネパールルピーを無事ゲット!



そして二日目のトレッキングスタート!
気温14度、天気は快晴♪


アンナプルナ11




とすぐさまこのトレッキングで最大の難所、



3280段の階段。



もし昨日もっと出発が早ければ昨日のうちにこの難所をクリアして
上の村に宿泊するはずだったのに。。。



朝からこれかぁ~。



ではいざ出発!!!



アンナプルナ20





登る



登る



アンナプルナ12





休憩



アンナプルナ13




登る




そして登る




登ること1時間半。。。



上の村、ウレリに到着!



アンナプルナ21



いやぁつらかった。

けど逆に朝いちだったから体力あったし、
思ったよりも疲れなかったぁ。


そしてウレリでちょい休憩。


ウレリからはホントはヒマラヤ山脈が見えるはずだけど、
山の方面はあいにくの曇りで見えませんでした。。。


11:00AM ウレリしゅっぱーつ!


ここからはジャングルの中を歩きます。


アンナプルナ22




だけどワタシぜんぜん余裕ないっす。


標高も上がったしずっと登りだからかなり疲れる。

なんかだんだん足元がふらつき始めて、目の前もクラクラしてきた
(+o+)

アンナプルナ14



お腹すいたし、もうアルケマセン。。。



ディペン「あと10分歩いたら休憩所だからがんばって!」



マジで!!!







それもムリッ。





そんなこと言ったって歩かなきゃしょうがない。



うぇ~ん、キツイよぉ。。。



階段を5段上がるだけで息がハァハァ。



今までこんなことなかったのに。。。




歳のせいか?



いや!病気になったから体力が落ちたんだ!



と自分に言い聞かせ、最後の力を振り絞って・・・




休憩所到着。


アンナプルナ15



とりあえずホットミルクティがぶ飲みして体あっためて、
ご飯たらふく食べて、昼寝 zzz



たっぷり1時間以上休憩してなんとか体力回復~☆


そして残りの距離(約2時間)再出発。



だけど、開始早々登り坂だったり階段だったりで



疲労困憊



意識朦朧



あまり覚えてない。



4:00PM なんとか今日の宿泊地 ゴレパニ到着


アンナプルナ23




本日の宿

アンナプルナ16



ここも部屋はかなりキレイ☆

めちゃくちゃ熱いシャワーを浴びて、ストーブで髪を乾かしてから

ゴレパニ散策

ゴレパニはいろんなルートの集合地点にもなってるのでゲストハウスもたくさんあるし、
お土産屋さんもある!

でも実はレストランはほとんどないのです。


なぜかというと、アンナプルナエリアでは宿泊した宿でご飯を食べるというのがルールになってるんだって。
だからほとんどがゲストハウス兼レストラン。

まぁ昼食は休憩がてらどこかの宿のレストランで食べることになるけど、これはOK。


ただ、ゴレパニにはベーカリーがあったので、こっそりここでアップルパイを食べました☆


アンナプルナ24



疲れた体に甘いものはホント最高☆

しかも、電子レンジで温めてくれたよ~
(^_^)



明日は4:30AM起床なので、


7:00PM おやすみなさ~い☆


written by さや



トレッキングから帰ってきて、
更新してないから順位かなり落ちてるかなぁと思ったら

意外とキープしてました!

それもこれもみんなのおかげ!!!

これからもポレポレ旅に1日1クリックを♪

↓のマークをポチってしてくれるとポイントゲット~!!
で、順位が伸びるのでみなさんの力を貸して下さい m(__)m


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
  1. 2011/11/02(水) 19:36:47|
  2. ネパール
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント

お疲れー(>_<)

登るのってキツイょね。。。
景色とかが素敵だと元気になるケドッ(*´ω`*)
ガイドさんも優しそーだねv-238

後半編も楽しみにしてるょーん★

いろいろ申請があって時間がかかったりするけど、
それが現地の人の収入にもなるし、山に行くなら
登る人タチの安全にも繋がるからいいのカナ(人*´ω`)

申請の度に旦那サンの写真、登場しまくりダネ(笑)(^皿^o)
  1. 2011/11/03(木) 08:06:41 |
  2. URL |
  3. zawai #-
  4. [ 編集 ]

To zawai

トレッキングをするのにいろいろな手続きが必要だけど、zawaiの言うとおり、これが安全につながったり環境保護につながったりするからホント大切だよね。

ガイドさんはちょっと歩くたびに後ろを振り返ってウチらのペースを確認してくれたよ☆
登る前はガイドを雇うか迷ったけど、やっぱりガイドがいてくれて正解でした!

カズの写真、ちょっと人相悪いよね(笑)
  1. 2011/11/04(金) 00:07:39 |
  2. URL |
  3. カズ&さや #-
  4. [ 編集 ]

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://rainbooow2011.blog79.fc2.com/tb.php/159-14cce0f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。