RAINBOW

栃木出身の夫婦が世界一周の旅を通して感じたことや体験したことを日記や写真で紹介

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

聖地エルサレムを歩く。

無事入国完了し、一安心。
でも、何かと治安の悪いイメージがあるから、どうなんでしょう??


さっそく街散策へ。


っと、その前にエルサレムについて簡単に。


エルサレムは大きく東側に旧市街、西側に新市街で別れていて、新市街は近代的な街並みでLRTまで通ってるという、オッシャレ~な地域

建物は石造りで、道路は石畳、オレンジ色の街灯が町を照らして、なんかヨーロッパの様。

って、僕行ったことないですけど・・・

エルサレム散策・1

エルサレム散策・2

エルサレム散策・3

ただねぇ、物凄く物価が高い!!!

特に新市街は、イイ感じのお店が多いから余計に。

だから、あんまり近づかなかったなぁ。というか、近づけなかったよ。。。


一緒にイスラエル入国したBERさんは、暖かいパンツを買いに新市街に2,3度足を踏み入れ、結局何も買えずに戻ってきてたしさ。

っていうか、BERさん恰好マジ不釣り合いね。

風を良く通すパンツに、薄~いロンティー。その上にペラッペラのシャカシャカジャケット!

靴も、なんかメッシュの風が良く通って蒸れなさそうなやつ・・・

周りはみんな、コートやらダウンジャケットやら冬支度なのに、この人はまだ温かい国にいるみたい^m^

そんな思いをしてるにも関わらず、服を買えないんだから物価が高い国なんです。

いや、もしかしたら精神鍛錬かもしれない!






そんな新市街とは、空気の違う旧市街。

なんせ、旧市街はユダヤ教、キリスト教、イスラム教の聖地

四方約1kmの城壁に囲まれていて、城壁内にはユダヤ教地区・キリスト教地区・イスラム教地区・アルメニア人地区の4つに区分けされて、キリスト教地区に行けばキリストグッズが売られているし、イスラム教地区に行けばモスクが建っているという風にほぼ完全に仕切られているとう感じ。

エルサレム散策・22

物の値段も地区によって違うから、とても不思議。

ただ、他の宗教地区に入らないのかというと、そうでは無いみたい。



ちなみに、なぜ3つの宗教の聖地になっているのか?(簡単に)


・ユダヤ教にとっての位置づけ:
エルサレムに信仰を集めていたエルサレム神殿が置かれていて、ユダ王国の首都であった場所であった。
しかし、ローマ帝国が破壊してしまい、現在はイスラム教の岩のドームが建てられている。


・キリスト教にとっての位置づけ:
エルサレムはイエス・キリストが教えを述べ、そして処刑され、埋葬後、復活したとされる場所である。


・イスラム教にとっての位置づけ:
イスラム教の開祖ムハンマドがメッカ(サウジアラビア)からエルサレム神殿まで一夜のうちに旅をし、昇天するという体験をしたとされる場所である。


(それぞれ、ウィキペディアから参照)



で、そんな3つの宗教が、同じ場所を聖地としてるんだから、そりゃ争いは絶えないよね。

宗教による対立なんて日本じゃ考えられないし、まずありえない。
でも、この国では現在進行形で宗教の問題があって、大きな問題として世界中に知られてる。



ほんっと、ややこしい街。

昨日、今日入国した無知の僕が、ちょっと内容を知ったからと言って何か言えるような簡単な問題ではないのは確か!


なので、説明はこの辺で終わりにしときます。




改めて、散策開始!

旧市街。



まずは旧市街を囲む城壁の入口で一番立派なダマスカスゲート

エルサレム散策・4

旧市街内の通路はあまり広くなくて、周りは高い建物。
イスラエルって、ほんとにヨーロッパみたい

まだ行ったこと無いけど(2回目・・・)

エルサレム散策・5

エルサレム散策・6




今日の目的は、旧市街内にある、

”嘆きの壁”と”岩のドーム”

この2つがメイン!


さっそく、嘆きの壁へ。

入口の手前にはチェックポイントがあって、荷物はX線検査、

更にライフルを持った兵士

「どこの国から?」

「ナイフとか持ってないよね?」


など質問されて、中へ入る。




エルサレム散策・8

結構広い敷地。



エルサレム散策・9

嘆きの壁。



エルサレム散策・12

嘆きの壁に向かい祈りを捧げる、正統派ユダヤ教




単純な感想は、、、


オシャレ。

なんとも普通の感想だね。


あまりにも無知すぎて、こんな感想しか出なかった・・・


エルサレム散策・10

エルサレム散策・11
黒いハットにクリクリ巻きの横髪(もみあげ?)




嘆きの壁は男女別で仕切られていて、それぞれのエリアは覗くことしかできません。

エルサレム散策・13

完全に怪しい覗きになってるよねぇ。。。



女性もお祈り

エルサレム散策・16
本当に泣いている人も


エルサレム散策・15
こっちも泣いちゃった




この嘆きの壁の隙間には紙がたくさん詰められていてお願い事(祈り)が書かれてあるそう。

追加エルサレム2



でもユダヤ教の人達にとっての最大のお祈り事は、

・・・この壁の向こう側には現在、岩のドームが建てられているんだけど、これはイスラム教徒の建物。
でも岩のドームが建てられる前はエルサレム神殿が建っていたわけで、ユダヤ人にとっての聖地だったわけです。
そのため、またこの場所にエルサレム神殿が建つのを祈っているというわけ。



ほんっと、色々と問題がありすぎる(-_-;)



エルサレム散策・14








そして次に、その岩のドームへ

ここへ入るにも厳重な警備と持ち物検査。

もちろん兵士はライフルを下げ、なんならいつでも撃てる準備は整ってるぜ!ってな感じで、緊張感大あり。


ドームに続く通路にも防弾盾が置いてあって、戦争・紛争・テロっていうものがとても近い国なんだなと感じる。

エルサレム散策・17



そして、こちらが岩のドーム
エルサレム散策・21



黄金に輝くドームが印象的

エルサレム散策・20

エルサレム散策・19


単純に、このドームだけを何も知らずに見たら

おぉーーーーーー。

で終わるだろうけど、今回は色々な事情を知ってここに来た。







でも、やっぱり



光ってんなーーーーー!!!

って。

単純だね、俺。(゜-゜)






そんな単純な僕でも、やっぱり色々な事実を知ると宗教の深さを感じる。

特にここ旧市街内での各宗教の位置づけや、聖地に関する過去の事実は、かなりねじまがってるらしく、相当面倒らしい。

かなりアバウトで、ごめんさい。。。

宗教ってなんだろうね?

無知な僕からすれば、

「宗教の違いで人殺し?考えられない。」

って思うけど、難しいんだろうね。

でも、エルサレム旧市街を訪れたことはとても貴重な体験だし、インドに続き、宗教の奥深さを更に知る事になったなぁ。



written by カズ



●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
プチ旅情報(金額/1名)

【ヨルダン(1ディナール≒110円)~イスラエルの行き方(1シュケル≒21円)】

①アンマン市内から乗り合いタクシーにてキングフセイン橋の国境へ(5ディナール)

②ヨルダン側イミグレで出国手続き(8ディナール)

③乗り合いミニバンでイスラエル側イミグレへ(荷物代合わせて4.25ディナール)

④イスラエル側イミグレで難関の入国手続き。ちなみにカズは捕まりました。。。

⑤外に出ると乗り合いバンが待機しているので、チケット買って旧市街へ(荷物代合わせて42シュケル)


【エルサレム宿泊】

NEW PALM HOSTEL(ニューパームホステル)

旧市街のダマスカスゲート近くで、1泊40シュケル(男女混合ドミ)。
コーヒー、紅茶無料。WIFI無料。ホットシャワー24H。


●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○


なかなか20位台再突入は難しい・・・
読んでくれたらポチッとお願い(>_<)

世界一周ブログランキング参加中☆
↓のマークをポチってしてくれるとポイントゲット~!!
で、順位が伸びるのでみなさんの力を貸して下さい m(__)m


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

テーマ:世界一周 - ジャンル:旅行

  1. 2011/11/18(金) 23:13:09|
  2. イスラエル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://rainbooow2011.blog79.fc2.com/tb.php/172-a78f6c85
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。