RAINBOW

栃木出身の夫婦が世界一周の旅を通して感じたことや体験したことを日記や写真で紹介

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

リオデジャネイロで強盗未遂に・・・


サンパウロから夜行バスで、リオデジャネイロへ移動。


リオは南米大陸最後の都市。




リオの宿は、Lapa地区という場所に予約。


ネットで、安くて中心に近い所って条件でヒットしたから、なんとなくで決定。


でも、実はこの地区周辺はあまり治安が良くないらしい。


宿には、外出時の注意書きが何項目か貼ってあり、


・カメラはぶら下げない

・近くのカテドラルはガイドと一緒に行くこと

・~地区には歩いていかないこと

・外出はグループで


など。




「まぁ、注意書きってのはよくあること。」


そんな風に、かるく流し気味で読み上げた程度だった。







宿に到着して、いつものように町散策へ。



リオの有名な観光名所に行き、一旦宿へ戻り、少し休んでからまた散策。




宿近くにある、”Lapa Step”という、

カラフルに彩られた階段を見に行くことに。


まずは宿のスタッフに道を聞く。


「安全な場所じゃないから気を付けて。」

「カメラはだしちゃダメ。」



と、注意を受ける。





これも、よくあること。





でも、今回何故かさやが、

ビーチサンダルからトレッキングシューズに履き替えた。


いざという時、走れるようにと。




俺は、カメラと交換レンズをバッグにしまい、足元は暑いのでビーサン。

いつもよりもラフな恰好。






日時は、

3月21日の15:30頃。

外はまだ太陽が差し明るい時間帯。







教えてもらった道を歩く。








歩いていたつもりだった。
(多分、道を間違えたっぽい。)








まず、大通りから右折して坂を上っていかなきゃいけない。




見た感じ、雰囲気が悪い。


ガラの悪そうなヤツがこっちを見ていた。




この時点で、2人ともヤバいかも。という気持ちはもっていた。


が、そう遠くないだろうと思い、少しずつ坂を上っていく。



坂に住んでる住人も歩いている。





少しくねくねとした坂道。



すでに大通りからは死角。



約5分ほど上がったところで、本気で雰囲気が悪い。



先を歩く、おばさんが僕らを何度も何度も見てくる。



「なんだろう?」



そのおばさんが家に入る直前も、こっちを見ながら、何かを言いたそうに、ゆっくりと中へ。



今考えると、
危ないとでも伝えてくれていたのだろう。








さや「これ以上、ヤバくない?」


カズ「大丈夫じゃないかな?」


さや「やめようよ。」


カズ「ん~~~。」


カズ「そうだね・・・」






っと、さやが坂道を下ろうと方向を変える。



その時!



10mほど前を歩いていた上半身裸で、腕に入れ墨が入った黒褐色の男が、振り返りこっちに向かってきた。




ヤバい!!!




完全に俺らを狙ってる!




さやに走れと伝え、走る!




男は右手をポケットに入れ、何か持っているような意志を伝えてくる。





何か持ってる?

まさかの拳銃?

ナイフ?




マジでヤバイ!!!

シャレにならない!!!





撃たれるかも!

本気で思った。






角を曲がったところで追いつかれ、俺のバッグを両手で掴む。





「NO!NO!!」




必死に抵抗し、バッグを取り返す。




さやは大きな声をだし、周囲の目を引く。




この時点で、周りには何人かの通行人が。





ここからあまり覚えてないんだけど、

周りの人が応戦してくれたのか、叫んでくれたのか、男は一旦方向を変えどこかへ走っていく。





俺らも、全速で坂を下る。



距離がとれたと思い振り返ると、またこっちに向かってくる!



あと20mもすれば大通り!





さやがトレッキングシューズだったのも不幸中の幸い。





全速力で逃げる!






なんとか未遂で終わった。





人通りが多いビジネス街まで、速足で歩く。











ほんとに怖かった。



マジで撃たれると思った。



心臓がバクバクして、恐怖がなかなかおさまらない。














正直、坂を上がってからも、

「少しぐらい行っても大丈夫だろう」と思っていた。




最初の直感で、行くのをやめるべきだった。





宿の注意書きもあまり気に留めなかった。





宿のスタッフに言われた注意も、聞いただけだった。





女性と歩いているという事が、相手にとったらターゲットになるということを意識していなかった。





今まで何もなかったし、俺らなら行けるなんて思ってた。





さやは、上り始めてスグに嫌がっていたのに・・・







今回は完全に俺の判断ミス。


慣れてきて、油断していた。








未遂で終わったのが、なによりも救い。


今後の旅を続けるに当たり、もう一度心を引き締めます。




written by カズ



マジで怖かった。それにしても、さやの走るスピードときたら遅すぎてビビッたよ。あっという間に男に追いつかれたし。ビーサンだったらヤバかったかも・・・

最近、ウチらもブログランキングを意識し始めました!!

世界一周ブログランキング参加中☆
↓のマークをポチってしてくれるとポイントゲット~!!
で、順位が伸びるのでみなさんの力を貸して下さい m(__)m


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

テーマ:世界一周 - ジャンル:旅行

  1. 2012/03/25(日) 07:20:24|
  2. ブラジル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

コメント

えっ。
未遂って書いてあったからスリみたいなのかな~って思ってたんですけど、本物!!!!!!!!!!
ちょっと読みながら鳥肌立っちゃいましたよ。
けど、何もなくてほんとに良かったです><
やっぱりブラジルは危険ですね。。
自分もちょっと油断してるところがあるんで気をつけます!
  1. 2012/03/25(日) 22:13:23 |
  2. URL |
  3. daisuke #-
  4. [ 編集 ]

To daisukeさん

今回のマジでした!

本気で心臓が飛び出そうなくらい、ドキドキしたし、何年ぶりかの全力疾走!ほんとうに、何も被害が無くて良かったです><
その後から、外が暗くなってきたり、ちょっと雰囲気が悪いと、異常に避けてますし・・・

daisukeさんも南米の旅、まだ続くと思うので気を付けて旅を続けて下さい!
  1. 2012/03/26(月) 07:36:39 |
  2. URL |
  3. カズ&さや #-
  4. [ 編集 ]

ほんとよかった!何もなくて!!
抵抗するのも危ない行為だっただろうし・・・
無事だったことが不幸中の幸いですね。
リオでは俺たちビビってツアーにしたけど、
あながち間違ってなかったのかなぁ~。
直感って大事ですね。嫌な予感は無視しちゃだめなんですね!
俺たちもこれからもより気を引き締めて旅します☆
  1. 2012/03/26(月) 13:25:50 |
  2. URL |
  3. ゆうとまみ #-
  4. [ 編集 ]

よかったよ。

topの一言で、大丈夫かなあ。って思っていたけど。
実際は、かなり危なかったねえ。

ほんと無事で何より。
さやさんに恐怖心が残ってなければいいけど。

リオもやっぱり場所によっては、危険なんだね。
こっちも他人事じゃないように感じられたよ。

引き続き元気に旅を続けて下さいな。
ヨーロッパもスリいるしね。カズさん更なるボディーガード頼みまーす。
こちらもインドなので、注意して行きます。
  1. 2012/03/26(月) 20:54:54 |
  2. URL |
  3. クロとカヨ #-
  4. [ 編集 ]

危なかったな。取り敢えず、未遂で終わって良かった!
ブラジルは引渡し協定も無いし、アジア人は狙われるから気を付けてな!(> <)
さやっちは、大丈夫かい? 元気出してね!

ミスかも知れないケド、1つの経験だよ。
次に同じ事が起きない様にすればいいだけだから。
元気出して、安全に旅を続けてちょ!(^^)

  1. 2012/03/27(火) 22:54:36 |
  2. URL |
  3. タイ支店長 #-
  4. [ 編集 ]

To クロさんとカヨさん

いやぁ、ほんとにあの時はびっくりしました。。。

凶器を持ってなかった(おそらく)ことと、他にも通行人がいたからなんとか助かったと思う。

でも本当に気を付けないとと思いました。

クロさんカヨさんもまだ旅は続くと思うから気を付けてね!
  1. 2012/03/28(水) 00:56:51 |
  2. URL |
  3. カズ&さや #-
  4. [ 編集 ]

To ゆうくんとまみちゃん

ツアーで正解だったかも。
ウチらの宿にもツアーのインフォメーションがあって、値段聞いたらちょっと高かったから自分たちで行くことにしちゃんたんだ。

あの地区にはポリスがかなりたくさんいて、安全だと思ってたけど結局死角に入っちゃうとかなり危険だし、危険だからこそポリスがたくさんいたんだろうね。

直感はホント大切だと思いました!
ワタシはかなりの心配性だから、他の人以上に敏感になりすぎるのかもしれないけど、海外ではそれくらいがいいのかもねー。

お二人も気を付けて旅してくださいね!
  1. 2012/03/28(水) 01:04:58 |
  2. URL |
  3. カズ&さや #-
  4. [ 編集 ]

To タイ支店長さん

あらためて犯罪の怖さを体験しました。

本当に本当に未遂で良かった。

ただ自分たちも悪い点はあったのでこれを教訓に安全第一で旅を続けます!!

でも現在ヨーロッパだから、気が緩みそうですよ~。。。
  1. 2012/03/28(水) 01:10:31 |
  2. URL |
  3. カズ&さや #-
  4. [ 編集 ]

うぇーーーーーーー!!!!!!
怖い、怖過ぎる~。
2人に何かあったら、
悲し過ぎる!!!!!!

後半戦、本当に気をつけてくださいね。
ヨーロッパで、あたしもYOSHIも引ったくりと
スリにあってます。
お気をつけてー☆

でも本当に、南米からのhotシャワーの幸せは
やばいですよね!♪
  1. 2012/03/28(水) 09:58:27 |
  2. URL |
  3. Saaya #Ogc9t/hY
  4. [ 編集 ]

To Saayaちゃん

何もなかったのが、不幸中の幸い。
被害なく、気を引き締める結果になったから、苦い思い出だけど経験にはなったよ。。。

今はヨーロッパで若干浮かれ気味だけど、スリ・ひったくりには気を付けます!!やり方が巧妙らしいからね><

お湯シャワーね♪とってもサイコー!!!毎日シャワー浴びれちゃうね!笑
  1. 2012/03/29(木) 06:16:17 |
  2. URL |
  3. カズ&さや #-
  4. [ 編集 ]

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://rainbooow2011.blog79.fc2.com/tb.php/265-dce36c11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。