RAINBOW

栃木出身の夫婦が世界一周の旅を通して感じたことや体験したことを日記や写真で紹介

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ユダヤ人居住区に居たゴーレムさん。


プラハには、ユダヤ人居住区がありました。


かつてユダヤ教徒は、隔離された一定の地区にだけしか住むことを許されていなかったのです。


ゴーレムさん・1

ゴーレムさん・7

ユダヤ教徒の象徴・六芒星




そんなユダヤ教徒区域は、プラハだけでなくたくさんの国に散らばって存在しています。


ゴーレムさん・2


ゴーレムさん・3


ゴーレムさん・5


ゴーレムさん・4








ここプラハのユダヤ人地区には、あるお話しがあります。





心優しきゴーレムのお話です。





今回は、ちょっとだけゴーレムさんのお話を紹介したいと思います。








最初に気付いたのは、ユダヤ人居住区を歩いていた時に露店に売られていたゴーレムを見つけた時でした。


ゴーレムさん・6




ゴーレムと聞いて、最初は悪いイメージを思い浮かべました。

だって、敵キャラでしょ?







そして、ユダヤ人居住区内にある博物館に併設されたショップに

ゴーレムさんの本が置いてありました。











・・・・・


ある日、先生が夢を見ました。



天使(御使い)が現れ、

「命を吹き込める何かを創って、そのマスターになりなさい。そうして、不幸な人々を助けなさい。」と。




そこで先生が創ったのが、ゴーレム。


このゴーレムさんはプラハを流れるモルダウ川の粘土で創られました。



命を吹き込まれた、ゴーレムさん。


心優しきゴーレムさん。



ユダヤ教のみんなのために、たくさんいい事をしました。


時には、宮殿の庭から木を根こそぎ引っこ抜き、居住区に持ってきちゃう事も。



でも、さすがに疲れます。




ある日、疲れたゴーレムさんはパブへ行き、疲れを癒してました。

(パブって!!!笑)





すると、そこにスペイン軍の将軍が現れ、ゴーレムさんにこう伝えます。


「スペイン軍に入らないか?」




ゴーレムさんは決められません。





その将軍は、先生に直談判。



「お金をいくらでも払うから、ゴーレムをくれ。」







先生は、、、

「そんな戦うためにゴーレムを創ったんじゃない。

そんなことに使われるなら、ゴーレムなんていなきゃいいんだ。」と。








心優しきゴーレムさんは、





先生の意志により壊され、





元のモルダウ川に戻ったそうです。





ゴーレムさん・6




written by カズ



世界一周ブログランキング参加中☆
↓のマークをポチってしてくれるとポイントゲット~!!
で、順位が伸びるのでみなさんの力を貸して下さい m(__)m


にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

テーマ:世界一周 - ジャンル:旅行

  1. 2012/04/10(火) 21:39:14|
  2. チェコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://rainbooow2011.blog79.fc2.com/tb.php/281-89af0a1d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。