RAINBOW

栃木出身の夫婦が世界一周の旅を通して感じたことや体験したことを日記や写真で紹介

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

日本の国民性を感じる。


帰国して10日ほどが過ぎました。


まだ、心は日本社会に追いついてないです。

というよりは、まだ日本の流れに乗りたくないっていう気持ちが本音かもしれないです。









1年4カ月、日本を離れていて

「帰国したら日本は変わってるんだろうな。」

なんていう、ちょっとした期待をもって帰国。



でも実際は、出発前とほとんど変わっていない風景があって、

家族も、愛犬も、家も、愛車も、昨日見ていたかのようにあっさりと自分の中に入ってきた。




帰国して2日目には、

以前と同じように車に乗り込み、エンジンをかけて、何の迷いもなく目的地に向かう。

もちろん、目に映る看板や店内を流れるアナウンス、周りの人たちの会話は全て理解できるし、必要のない情報までもが頭の中に飛び込んでくる。

久しぶりの感覚だったのは、ほんの一瞬で、そんな光景もすんなりと自分の中に入ってきた。



旅の間に日本が大きく変わっていたことといったら、

完全地デジ化になり、スカイツリーも完成していて、

AKB48のあっちゃんが卒業していたことぐらかな。笑

あっ、あとスギちゃん旋風!




正直な話、

帰国したら、アッと驚くぐらい変化した日本が待っている気がしてたから、少し残念。


そりゃそうだよね。

普通に生活してて、1年4カ月ぐらいじゃ、そう変わるもんじゃないよね。。。

自分が働いていた時、そんなに風景が変化したか?ってことだよ。

いや、してない。

冷静に納得したよ・・・








でもさ、

日本に大きな変化はなかったけど、自分たちが感じる日本には大きな変化があったんだよね。



それは日本の国民性。

以前は当たり前だったことに、ことごとく驚かされる。

こんなにも真面目で規律正しい国民だったのかと。


例えば、接客。

入店すれば、必ず「いらっしゃいませ。」の言葉。

それが、すれ違う店員さんみんなから。

そして、すかさず接客係が飛んできて、席を案内され、水がでてきて、おしぼりまで。

支払が終わると、「ありがとうございました!」

更には店員が出口まで付いてきてくれる。

こんな素晴らしいサービス、他のどの国にもなかったし、ちょっとやりすぎじゃないかと心配になってしまう。





国によっては、

店員同士で世間話、携帯を見ながら、ご飯を食べながら、頬杖つきながら、の接客。

こんなの当たり前。

いちいち気にしていたらストレスが溜まるだけで、先に進めない。





もちろんお客さんも日本人となれば、

順番守るし、ちょっとしたことでもお辞儀するし、物の使い方がきれい。

ゴミはゴミ箱に捨てるし、持ち帰る人だっている。

特にトイレの清潔さはピカイチ!何も気にせず便座に座れるってう安心感。

これ重要!


だって、便座が無いとこもたくさんあって、どうやって用を足したらいいのか分からないからね。。。

順番待ちの時は常に横入りに目を光らせ、前の人との間にスペースが出来ないように気を付けて並ばないといけないし。

ゴミ箱があるのにポイ捨て、タバコのポイ捨ては当たり前。

そういう国は、もちろん街が汚い。





そんな光景を前にすると、

「日本じゃありえないな。」

「日本に勝る国はないな。」

って思いながら旅をしていた。


にも関わらず、帰国して改めて体験すると、日本の国民性の凄さが身に染みて伝わってくる。

というか、そこまでしなくても・・・なんて思ってまう。

でも、それが当たり前の国。

ニッポン。

凄いよ。








でも、逆にストレスに感じることもあって、、、

例えば、完璧に整備された道路と交通ルール。

交通ルールを守るのは当然のこと。

なんだけど、この完璧なルールがどうもストレスに感じる。

「ちょっとだけだから、いいでしょ?」

が通用しない。

「ちょっと間違ったら捕まっちゃう。」

っていう、普通ならありえないような不安。笑


この感覚は自分でも、ビックリしたな。


最後にバリ島でバイクを借りて、縦横無尽に走り回ったからよけいにね。。。











物価の高さは世界でもトップクラス。

平和さは世界一じゃないかな。



ズボンのポケットから財布を半分丸出しにして町を歩けるなんて日本ぐらいだし、

トイレに席を立つときなど、イスに荷物を置いていっても大丈夫なのも日本ぐらい。


ほんっとに平和な国。

だから、海外では日本人は狙われるんだけどね。

平和に慣れてしまって、防犯意識が低いから。


実際、僕も以前は長財布をポケットに入れて堂々と歩いていたけど・・・




そんな何気ない事も気付くようになったのは、やっぱり旅にでて色々な国を見てこれたから。








外国人が日本の国民性を見て驚く理由が分かる。


相手を気遣う優しさを備えた規律正しい日本人は、

他の国には存在しなかった唯一の人種だと思う。

日本人、

やっぱり凄いわ。





written by カズ





  1. 2012/09/09(日) 23:19:51|
  2. 日本(帰国後)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

コメント

おもしろい!!そうなに違うんだ。

日本に縛られてる人生!!だから日本人はストレス社会なんだね。

もうちょっと肩の力を抜こうと思ったwww
  1. 2012/09/10(月) 11:01:08 |
  2. URL |
  3. 人見 #-
  4. [ 編集 ]

バリからもi-150届きましたッ!
コメントで催促したみたいになっちゃってゴメン(笑)
ありがとー(●^□^●)


日本にずっといるから気付かずに日常を送ってしまっているケド
記事のように、そう感じることができるのは
やはり一年以上長きにわたり
日本を離れて生活し、世界を見てきたから。。。
それって貴重だと思う(>_<)
だって誰もが持てる目ではないし!

しばらくはゆっくり休んで欲しいと思いつつ、
でもやっぱり引き続き記事は楽しみにしていますi-278i-201



  1. 2012/09/10(月) 12:38:33 |
  2. URL |
  3. zawai #-
  4. [ 編集 ]

To 人見さん

そーなんですよ!日本はルールに縛られてしまって、それが当然になってしまっていて。。。
勤めている人たちだって、気を許す時間なんてほとんどないんじゃないですかね。
こんなに平和な国なのに自殺の数が多い日本は、矛盾している国です。

肩の力を抜く!
とっても重要だと思います^^
  1. 2012/09/11(火) 16:51:18 |
  2. URL |
  3. カズ&さや #-
  4. [ 編集 ]

To zawai

手紙届いたかー!良かった^^
いつもコメントもらってるし、お礼の手紙です(^.^)

旅にでたことで、日本を外から見ることができたのはとても貴重な経験。
「日本の常識は海外では通用しない!」

帰国して改めて納得したもんね。。。

ブログ、今までほど頻繁には更新出来ないけど、ちょこちょこアップしていくね~。
  1. 2012/09/11(火) 16:58:57 |
  2. URL |
  3. カズ&さや #-
  4. [ 編集 ]

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://rainbooow2011.blog79.fc2.com/tb.php/390-9a07088d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。