RAINBOW

栃木出身の夫婦が世界一周の旅を通して感じたことや体験したことを日記や写真で紹介

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

帰国してから・・・

日本に帰国してから1ヵ月が経ちました、さやです。

やっと帰国直後のフワフワ感がなくなりました。

日本にはもうかなり慣れて、日本にどっぷり浸かりそうな勢いです。

だって綺麗なトイレ見ても普通になったもん。笑



けど、ワタシの価値観が変わったんだろうね。

もうバックパック背負ったり、毎日宿とか飛行機を検索してないけど、


なーんか旅してる時の感覚がいまだにちょこっと残ってる。


これはどう表現していいかわかんない。。。


旅をしてるときは、次の町、次の国へ行くのがホント楽しみで。

どんな人と出会えるんだろう、どんな料理が食べられるんだろう、どんな経験ができるんだろう、って。


これってある意味、未来にワクワクしてるってことなのかな?


日本にいる今も、実はけっこうワクワクしてて。


これから仕事探して、住むとこ探して、子供産んで、って普通のことをするんだけど、

これにワクワクしてる☆


だって、また新しい環境に飛び込むってことは新たな出会いがあって、今までしたことのない経験のするってことでしょ?

これってめちゃくちゃ楽しそうじゃん♪


もちろん大変なこともたーくさんあるはず。

けど、旅してる時に大変なこといろいろ経験して、その度に「なんとかなるさっ!」って気持ちできたから。

少しくらい大変でもそれを楽しめる度胸はついたかな。




おそらく、こんな長い間日本を離れることはもうないかもしれない。

ひとつの場所に永住すると思う。

けど、やろうと思えばいろんな選択肢がある。

自分たちには選択肢がいくつもあって、それを自由に選ぶことができる。

そこにはリスクがあったりするからみんな悩んで安全な道を行こうとする。

それはそれでいいと思う。

けどね、選択肢がいくつもあるってこと自体が幸せなことだと思ったんだよ、この旅で。

世界中には、生まれながらにしてすでに人生のレールが敷かれてたり、
結婚相手を小さいうちから決められてたり
夢を持てない人たちがたーくさんいる。

その人たちはそれが当たり前の世界で暮らしているから何とも思わないかもしれないけど、

夢を持てて好きな人と結婚できて好きなところに住めるっていう、好きなことができる私たちはホントに幸せだなって思う。


だから世界一周ができたこと、そしてそれを可能にしてくれたカズ。

応援してくれた家族や友達。

旅を通じて出会えた仲間やブログを読んでくれた人たち。


そんな人たちがまわりにいるワタシは本当に幸せ者です。


そしていろんな経験をさせてくれた各国の現地人たちにも感謝をしています。


この気持ちを胸に、また新しい夢に向かって最高の人生にしていきます!


みなさん、本当に本当にありがとうございました☆


written by さや
  1. 2012/09/30(日) 23:44:27|
  2. 日本(帰国後)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント

ほんとにブログを読んでて一緒に旅行した気分になったり、たくさんの世界を知れたし、日本以外の国を見ることによって日本を考えさせられる時もたくさんあったよ。素敵な旅をありがとう!サヤカたちがまっすぐな人間だからこそ、いい旅になったんだと思った。これからのサヤカ夫婦の人生、楽しんでる姿が目に浮かびます。いつか会おうね。その時、またいろいろ教えてね!
  1. 2012/10/03(水) 22:51:09 |
  2. URL |
  3. 青森のヤウチ #-
  4. [ 編集 ]

to 青森のヤウチ

ヤウチありがとう☆
ここまでブログが続けられたのもヤウチみたくブログを読んで一緒に旅をしてくれた人がいるからだよ~♪
いつか青森に会いに行くからねー
( ̄▽ ̄)
その時はいーっぱい話そうね!
  1. 2012/10/05(金) 18:27:51 |
  2. URL |
  3. カズ&さや #-
  4. [ 編集 ]

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://rainbooow2011.blog79.fc2.com/tb.php/395-3f961fe5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。