RAINBOW

栃木出身の夫婦が世界一周の旅を通して感じたことや体験したことを日記や写真で紹介

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

カンボジアが背負っている現実

今回は、ほんの30数年前にカンボジアで起こっていた悲劇の現場に行ってきて、そこのガイドさんから聞いた事実を日記に記します。


「ポルポト政権・ポルポト派・クメールルージュ」という言葉をきいたことがあると思います。
1975年から1979年までカンボジアで政権を握っていた人物とその支持者(クメール軍)の事です。

ポル・ポトは農村社会主義、つまり都市を解体・貨幣の廃止など、農村を中心とした国を構築するため、知識人たちを大量に虐殺したり、都市部の住人を農村へ移動し強制労働、または12歳から18歳までの子供たちを自分の軍隊(クメールルージュ)へ強制入隊させました。

私たちが訪れた場所は、知識人たちが最初に入れらた刑務所「トゥール・スレーン(s-21)」と大量殺戮の現場である「キリング・フィールド」です。


トゥール・スレーン(s-21)は元は学校だったところをポルポト派が刑務所として利用しました。
場所はプノンペン市内にあり、周りはとても賑やかな場所です。

プノンペン・トゥール・スレーン前



現在も建物はそのまま残っています。また、周りのバリケードもそのままのようです。

ただ、刑務所といっても入れられていたのは無実の知識人やその家族、そして毎日行われていたのは拷問です。
ポルポト派は知識人たちが自分たちの政策を批判するのを恐れて、教授やエンジニア、医者、弁護士などを拷問し、処刑していきました。


プノンペン・トゥール・スレーンベッド



上の写真は拷問室にある実際に被害者たちが縛り付けられていた鉄のベッドです。
床は血の痕跡なのか、真っ黒になっていました。
また、壁には拷問された後の遺体のモノクロ写真が展示されていました。


私たちは恐怖のあまりベッドに近づくことはおろか、部屋の入口付近に立っているのがやっとでした。



プノンペン・トゥール・スレーン独房




これは独房の写真です。ポルポト派は知識人の家族も処刑していきました。
子供たちも例外ではなく、殺された両親の復讐を恐れて処刑しました。




プノンペン・トゥール・スレーン外観




この写真は実際に刑務所として使われていた建物です。
建物の前に建っている柱は元々は遊具として使われていましたが、
刑務所となったの後は人々を吊るすために使われたそうです。

また、柱の左奥にはお墓があります。
そこには1979年にベトナム軍が侵攻してきた際に拷問室で見つけた放置されていた遺体を葬っています。
その中には女性が一人いたそうです。


この刑務所で処刑された人はカンボジア人だけでなく9名の外国人もいました。
オーストラリア人1名、フランス人2名、アメリカ人6名です。
ポルポト派は外国人たちがこれらの情報を自国へ漏らすのを恐れて処刑したそうです。

逆にこの刑務所にいながらも生き残った方が7名だけいたそうです。
その方たちは現在も生きていて、その中の1名が私たちが行ったときにこの場所にいました。



ポルポト派はこの刑務所に拘置した人たちをプノンペン市内から約12km離れた場所へトラックで運び、
毎日罪のない人々を虐殺していきました。

その場所を現在は「キリング・フィールド(killing field)」と呼びます。


私たちが行った日は、シェムリアップ(アンコールワットがある場所)から多くのカンボジア人の人たちが訪れていました。その中には僧侶もいて献花した後、お経を唱えていました。


プノンペン・キリングフィールド僧侶



ここでは1975年から1978年にかけて老若男女約2万人が虐殺されたそうです。

1980年にこの場所が発見され、以降次々に白骨化した遺体が発見されています。
驚くべきことに、現在もまだ埋まっている骨が数多くあり、毎年雨期になると地面の土が流れ出る為、骨や歯、被害者が着ていた服や縛り紐が出土してきます。


実際、私たちが歩いていた道にも服の一部や骨、縛り紐が出てきていました。


プノンペン・キリングフィールド骨




1988年には塔が建てられて、ここで発見された9000近くの頭蓋骨や服が積み上げられていました。


プノンペン・キリングフィールド頭蓋骨




プノンペン・キリングフィールド服




また、塔には日本のボランティア団体や高校から贈られた千羽鶴が飾られていました。


プノンペン・キリングフィールド千羽鶴



私たちはしっかりとここで起こった事実を知りたいと思い、ガイドをつけて案内してもらいました。
実際にどんなことが行われていたのか、ガイドさんの話を聞きながら実際に現場に立っていると
涙がでてきました。


ここキリング・フィールドに連れてこられた人で生き残った人はいません。
また、ポルポト派も当時2つに分裂してしまい、西軍が東軍をこの場所で殺戮するなどの行為もあったそうです。
そして、当時の建物や処刑に使われた道具もほとんどありません。
それはカンボジア人が貧しさのあまり、建物に使われていた木材や鉄を自分の家を建てるために盗んだり、道具は売ってお金にしたりしてしまったそうです。

カンボジア人が殺されていたのはこの場所だけではありません。
当時700万人いた人口のうち約170万人が殺されたそうです。

では、このキリング・フィールドで行われていたことを誰が知っていたのか?
それはポルポト派の幹部たちです。

幹部の中で、自分の罪を認めたある人物が身柄を拘束された後キリング・フィールドで現場検証を行ったそうです。

ただ、罪を認めていない幹部もおり、2007年に逮捕されて以来現在も弁護士をたてて争っているそうです。

ポル・ポト自身は1998年に亡くなっています。


さやの意見-

この二つの場所は、写真を撮ることを本当にためらいました。
そして、日記に記すことも躊躇しました。

なぜこの場所に来たのか、なんでブログに書いてみんなに読んでもらいたいのか。

正直わかりません。

怖いもの見たさでこれらの場所を訪れたのも嘘ではありません。
ただ、自分が生まれるほんの数年前にこんなにもむごいことがここで行われていた事実。
同じ国の国民が自国民を殺す、殺さないと自分が殺されてしまう恐怖があったこと。
子供のころにクメールルージュに強制入隊させられてしまった人たちは現在もPTSDで苦しんでる事実。

過去に起こった戦争やこれらの出来事で、実は現在も苦しんでいる人々がたくさんいるということを知りました。
何度も同じ事を言いますが、私たちにできることは二度とこのようなことが起きない世界を築くことです。


ただ、今のカンボジアはとても美しく、カンボジア人はみんな笑顔で接してくれます。
彼らは何も語りませんが、ただまっすぐ前を向いて生きている気がします。



カズの意見-

カンボジアの持つ過去の悲惨な事実。
僕は、こういう場所が実際にあるって事を知ってもらいたいと思う。

平和な日本に暮らしていると虐殺なんてとても想像できないし、その言葉を耳にするけど、聞こえてきてるだけ。

その現場に行き、実際の骨や衣類・施設を前にすると言葉に出来ない恐怖を感じた。
未だに、ガイドさんの言葉を思い出すと、鳥肌が立つ。

カンボジアに来たら、行ってみて。とは言いませんが、事実を知れる場所です。




written by さや










  1. 2011/07/07(木) 23:51:35|
  2. カンボジア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

コメント

大切な体験をシェアしてくれてありがとう。
  1. 2011/07/08(金) 16:43:06 |
  2. URL |
  3. 八戸のえみ #-
  4. [ 編集 ]

To 八戸のえみ

コメントありがとう。
何かを感じてくれればそれでOKです☆
  1. 2011/07/08(金) 19:34:40 |
  2. URL |
  3. カズ&さや #-
  4. [ 編集 ]

千羽鶴の画像を見て、広島の平和記念公園を思い出した。
学生の時に修学旅行で行ったけど、一昨年にも行ってきたんだよ。学生の時とは感じ方が全然違ったよ。こうして平和に過ごせているっていることは幸せなんだなぁ、過去の悲惨な出来事があったからこそ今があるって。
そういうのを皆が知るのって重要だと思うんだよね。世界で起きた悲惨な出来事も、少なからず今のうちらの生活に影響してると思うし。
  1. 2011/07/10(日) 15:45:49 |
  2. URL |
  3. よしなお #-
  4. [ 編集 ]

To よしなおさん

年齢を重ねてから、改めて行くと全く感じ方が違うよね。
今の、この時代を平和に暮らせてるって事に感謝したいよ!
1日1日を充実させて行こう^^
  1. 2011/07/11(月) 01:17:57 |
  2. URL |
  3. カズ&さや #-
  4. [ 編集 ]

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://rainbooow2011.blog79.fc2.com/tb.php/67-56cb681b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。