RAINBOW

栃木出身の夫婦が世界一周の旅を通して感じたことや体験したことを日記や写真で紹介

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

支えて、支えられて。

今日はアンコール遺跡群観光3日目で最終日。
AM7:00にトゥクトゥクドライバーのお兄ちゃんが迎えに来てくれて、
一緒にローカルレストランで朝食を食べて、いざしゅっぱーつ!

今日の予定は、シェムリアップからプノンペンへ行く道沿いにある「LOLEI」遺跡を見て終了。
大小3つの遺跡しかないので午前中で終了予定。

まず始めに小さめの遺跡を見に行ったら、そこには遺跡の隣に仏教寺院が。
そこで男性に声をかけられてしばしお話しすることに。

その男性は21歳で、ここのお寺で子供たちに勉強を教えながら自分でも高校に通ってるとのこと。


???21歳で高校生???


詳しく聞いてみると、両親にトラブルがあって、一時期学校に行かないで働いていたんだって。
今は高校行きながらその時お世話になっていたお寺で学校に通えない子供たちに無償で授業を開いてる、とのこと。

1日5つの教科(カンボジア語・英語・仏教用語・歴史・仏教の歴史)を教えているんだって。
子供たちは午前中家の仕事を手伝っているため、授業はお昼前のAM11:00から。

教室は土の地面に机と黒板があるだけ。隣には図書室があったけど、本はその男性が自費で買ったり地元の人の支援で買ったり。


シェムリアップ・図書室
図書室にいた男の子たち。




その男性と話していた時に3月の大地震の話になって、その男性が言った言葉に胸が熱くなった。


「私は日本で地震があってその後津波が来て多くの人が亡くなったことを授業でみんなに話しました。そしてみんなでお寺に入って亡くなった方や被害にあった方々へお祈りしました。ただ、私たちはお祈りすることしかできなかった。そしてカンボジア政府も日本に対して少ししか支援できなかった。日本にはたくさん支援してもらっているのにごめんなさい。」


彼の言葉には、カンボジアの現状と、そんな中でも遠く離れた国で起こった災害で被害にあった人達に対する慈悲の心を感じることができた。


それを聞いて、ウチらは小っちゃい人間だなぁ、って痛感。


旅中、あまりにも節約節約で、堅実にいき過ぎてた。。。

そして二人で「もうちょっとお金使おうか!」ってことに。


その男性の授業の足しになればと、少額だけど募金。

はがきを送るのにポストカードを物売りの女の子から買う。


シェムリアップ・絵葉書の少女
とっても素敵な笑顔で走り去っていきました。



募金箱を持っていた子供たちに募金。

シェムリアップ・募金箱
「オニーサン カッコイイ。オネーサン カワイイ。 アリガト」と日本語で言われた。。。



トゥクトゥクのお兄ちゃんに1ドル多めに支払った。


シェムリアップ・トゥクトゥクお兄ちゃん
お兄ちゃん逆にビックリしてた。(真ん中がお兄ちゃんだよ!)


いつもお金の事ばっかり考えてたウチらの気持ちもちょっと和らいだ(かな?!)


-今日の一枚-

朝ごはんに入ったお店にいたワンコロ。
エサを貰うためにこんなにかわいい顔でこっちを見てやがる!!
子供もそうだけど、カンボジアでは犬もけなげな顔で見てくるんだよね~。



シェムリアップ・ワンコロ


written by さや
  1. 2011/07/12(火) 22:32:43|
  2. カンボジア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://rainbooow2011.blog79.fc2.com/tb.php/71-f39a738a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。